まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

シンクライアント

サーバーにデータやアプリを集約、管理・運用のコストを削減

シンクライアントの導入には、実装方式やハードウェアの選定、コスト評価など検討事項が多く時間がかかります。お客様の状況に最適な製品のご提案から導入・サポートまで幅広く対応します。

シンクライアントの仕組み

シンクライアントシステムでは、情報やアプリケーションなどがサーバー上にあり、処理もサーバー側で行われます。インターネットに接続できる環境であれば、ほとんどの業務処理が可能となります。

シンクライアントの三つの特徴・メリット

特徴1クライアントPCにデータを残さない

サーバーに接続してデータを利用するため、クライアントPCやタブレットPCにはデータが残らず、たとえ紛失しても、情報が漏えいすることはありません。また、クライアントPCごとのセキュリティの設定が不要なため、全社で統一されたセキュリティレベルを容易に確保できます。

特徴2サーバーでOSやアプリケーションソフトを一元管理し、メンテナンスの工数が削減

サーバー側でOSやアプリケーションの管理を行うため、クライアントPC側でのメンテナンス作業などが原則不要になります。システム部門のシステム運用、メンテナンスに関わる作業が軽減され、TCO (注1)削減が実現できます。

  • (注1)TCO: Total Cost of Ownership。ある特定の資産について、導入から廃棄までにかかる全ての時間や費用。

特徴3外出先からでも社内システムにアクセス可能

外出先から、社内のデータを使いたいと思ったことはありませんか。シンクライアントなら、インターネット環境さえあれば、モバイルデバイスなどからでも社内システムに接続できるため、外出先からでも社内のデータを利用することができます。場所や時間に制限を受けることなく、業務に専念することができます。

利用規模、目的から選べるシンクライアント方式

シンクライアント環境構築に主に用いられる、「サーバーベースコンピューティング(SBC)方式」と「仮想PC方式」をご紹介します。

セキュリティレベルを向上したい
サーバーベースコンピューティング(SBC)方式

SBC方式は、利用するアプリケーションをサーバー上に集約し、クライアントPCへ画面のみ転送する方式です。サーバー側でアプリケーションの管理を一括して行うため、クライアントPCのアプリケーションのバージョン管理、アップデート作業などは不要となり、高いセキュリティを確保できます。

サーバーベースコンピューティング(SBC)方式

現在の使い勝手のまま導入したい
仮想PC方式

仮想PC方式は、サーバー上に仮想的にPCを形成し、クライアントPCへ画面のみ転送する方式です。
普段利用しているPCと同じ設定をサーバー側で作ることができ、現在の使い勝手のままシンクライアントを導入できます。利用者ごとにOS環境を仮想的に形成するため、ユーザーの希望に合わせて自由に個別設定ができます。

仮想PC方式

利用規模・目的に合わせて最適なシンクライアントをご提案

シンクライアントの導入には、最適な方式やメーカー、製品の選定、コストの評価など、多数の項目を検討しなくてはなりません。大塚商会では、これまでさまざまな企業に提案、導入を支援してきた豊富な実績をもとに、お客様の状況に合わせてご提案します。100万社に及ぶお取引実績を持つ大塚商会にお気軽にご相談ください。

シンクライアント 導入事例をご紹介

各社それぞれの課題や状況に合わせて、ITの活用による解決方法をご提案しています。シンクライアントを導入した事例をご紹介します。

まずはお気軽にご相談ください。

製品の選定やお見積りなど、100万社ものお客様に支えられた多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

*メールでの連絡をご希望の方も、お問い合わせボタンをご利用ください。

ページID:00071650

ナビゲーションメニュー