ここから本文です。

タブレットによる良好な視認性と操作性
日本初、3次元CADとビル管理システムの融合を実現

電力の「見える化」を進化させ、使用電力削減を図る

平成25年7月11日 第2512号

ソリューションプロバイダの株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 裕司 以下、大塚商会)は、日本で初めて3次元CADとBEMS(ビルエネルギーマネジメントシステム)を連携させたビル節電対策ソリューション『3Dビルコミュニケーションシステム』を、平成25年9月26日より提供開始します。

本ソリューションは、株式会社竹中工務店(本社:大阪市中央区、取締役社長:宮下 正裕 以下、竹中工務店)の技術を基にしており、大塚商会が導入・サポートをいたします。ビル新築時のほか、既存ビルでも導入できるオープンなビル管理システムとして、オフィスビルの他、テナントビル向けにもご利用いただけます。また、ソフトウェアをパッケージ化することで稼働までの期間を短縮しています。

3次元CADの立体的な図面を使うことで、「どこでどれだけ使っているか?」といったフロアの電力利用状況確認がよりわかりやすくなります。また、タブレット端末を使ったタッチ操作による空調や照明の制御なども可能で、フロア利用の最適化や使用電力の削減など、従来よりも快適で効率的なビル運営を実現します。

さらに会議室予約と連携して、会議開始時間にあわせた空調や照明制御やスマートコンセントによるより細やかな電力管理など、幅広いお客様のご要望に応えます。

管理範囲に応じた状況表示と機器制御 全体管理/拠点管理/個別管理

近年の節電需要の高まりにより、ビルで使用する電力管理は大きな課題となっています。より細やかな電力管理のためにITの活用が進んでいますが、既存ビルへの導入や、ソフトウェアとハードウェアの連携など建築側・システム側双方でノウハウが重要です。

竹中工務店は、最先端のビル建築・管理ノウハウを持っており、独自にビルコミュニケーションシステムも開発しています。そこに大塚商会のCAD販売・導入やBEMS、LED照明などの節電対策の豊富なノウハウをあわせ、よりわかりやすく、使いやすい節電対策ソリューションにしました。

「3Dビルコミュニケーションシステム」の特長(カスタマイズ機能も含む)

  • 3次元CADとBIM(ビルディングインフォメーションモデル)の連携による視認性と操作性
  • オープンなシステムで後付けも可能
  • フロアの電力使用状況の可視化だけでなく、デマンドコントロールやスケジューリングも含めた空調や照明の制御による使用電力量の見直し、削減が可能
  • LED、スマートコンセントまで含めた総合的なBEMS環境を実現
  • 設計・建築時にとどまらないビル図面の有効活用
  • フロア利用の最適化により効果的(快適)なビル運営が可能
  • 節電に積極的に取り組むことによるビル利用者のイメージ向上

価格

価格50万円~(税別) 1サーバライセンス(接続ポイント100付き)

*制御端末等機材は含みません。
*入出力制御のカスタマイズは別途有償にて受付いたします。
*追加接続ポイント1,000まで、追加接続ポイント10,000まで、追加接続ポイント無制限の3種を同時発売予定。

発売開始日

平成25年9月26日

開発元

株式会社Tスポット(本社:東京都文京区 代表取締役:瀧澤 広直)

本ソリューションは、竹中工務店の「ビルコミュニケーションシステム」に建築物の3次元CADシステム概念であるBIMを組み合わせ、大塚商会のCAD、BEMS導入・構築ノウハウを取り入れています。開発は、3D仮想空間を利用したシステム開発を手がける株式会社Tスポットが担当しました。

セミナーのご案内

本ソリューション提供開始に先立ち、お客様向けにデモンストレーションを交えたセミナー(参加無料)を開催いたします。

日本初、3次元CADとビル管理システムの融合を実現
「見える化」を進化させた省エネ対策セミナー
日時平成25年7月29日(月)  13:00~16:00  (受付開始 12:30より)
場所大塚商会 本社ビル(東京都千代田区飯田橋2-18-4)
内容・Session 1 (13:00~14:00)
  最先端のICTと建築技術の融合によるスマートエネルギーマネジメント
・Session 2 (14:10~15:10)
  BIMとBEMS連係「3Dビルコミュニケーションシステム」とスマートコンセントの紹介
・個別相談会(15:10~16:00)
  デモおよび個別相談

関連リンク


お客様お問い合わせ先
株式会社大塚商会 
CAD建設プロモーション課 
電話:03-3514-7815 FAX:03-3514-7816
お問い合わせフォーム
ここまで本文です。

このページの先頭へ