レンタルサーバーの選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

【総合受付窓口】大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~18:00)

標的型攻撃対策オプション 機能の紹介

標的型攻撃対策オプションでご提供する機能から、その一部を図解とともにご紹介します。

サンドボックス型添付ファイル保護

受信メールの添付ファイルをActSecure上のサンドボックスで動作させて、標的型攻撃に該当するか検査する機能です。

攻撃が検知された場合メールを破棄し、システムメールを元のメールの宛先へ送信します。

  • * 下記は、検知後にシステムから送付する通知メールイメージ

サンドボックス型URL保護

受信メールの本文に記載されたURLを自動で変換する機能です。受信者はActSecureのサンドボックス経由で通信するため、ActSecureが有害だと判定したサイトへのアクセスを自動で防ぐことができます。

メールの本文に記載されたURLを、自動変換し保護を行います。

ウイルスチェック(受信)

受信メールの添付ファイルにウイルスがあるか検査する機能です。

検知された場合当該ファイルのみ破棄し、本文に警告文を挿入して、元のメールの宛先へ送信し、通知を行います。

ウイルスチェック(送信)

送信メールの添付ファイルにウイルスがあるか検査する機能です。

検知された場合メールを破棄し、ActSecureから送信元へシステムメールを自動で返信を行います。ただし、宛先への通知は実施されません。

SPAMチェック

受信メールがSPAMメールか検査する機能です。

SPAMと判定された場合、件名の先頭に”[SPAM]”をスタンプし、利用ユーザーへ通知します。

アルファメールプレミアについてお気軽にご相談ください。

製品の選定やお見積りなど、100万社ものお客様に支えられた多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

【総合受付窓口】大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

Webでのお問い合わせ

*メールでの連絡をご希望の方も、お問い合わせボタンをご利用ください。

ページID:00206528

ナビゲーションメニュー