ここから本文です。

『Microsoftパッチ情報提供サービス』開始

― システム管理者に対し、セキュリティパッチ情報を提供 ―

平成16年1月26日 第1603号

 ソリューションプロバイダの株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区 社長:大塚 裕司)は、企業のシステム管理者を対象とした情報提供サービス「Microsoftパッチ情報提供サービス」を2月3日から開始いたします。本サービスは、マイクロソフト社が公開したパッチの詳細な技術情報の提供とマイクロソフト製品パッチ配布ツールの操作に関する問い合わせ対応を行います。

昨年はBlasterの流行など、OSを中心としたマイクロソフト製品のセキュリティホールを狙ったウイルスの対策が大きな問題となりました。また、セキュリティパッチの重要性が表面化し、パッチ適応の必要性を再認識させられた年でもありました。ほとんどのウイルス(ワーム)は既知のセキュリティホールをターゲットとしており、セキュリティホールを正すことによりウイルスによる感染を防ぐことが可能です。当社におきましても、マイクロソフト製品パッチ配布ツールの出荷が急増しております。

本サービスは、株式会社デジタルアドバンテージ(本社:東京都杉並区、代表取締役、小川誉久)のパッチ解析情報「HotFix Report」を提供するものです。HotFix Reportは、マイクロソフト社から提供されるパッチ情報などを独自の解析結果などを交えて、より分かりやすい表現でまとめたもので、セキュリティ修正パッチごとに提供する「HotFix Alert」と、追加情報や新たな不具合情報を毎週提供する「HotFix Weekly」から構成されます。この両方を合わせて、月間6~7通の情報をシステム管理者に対しE-Mailにて配信します。 

また、お客様から要望が多かったアップデートテクノロジー株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:板東直樹)の「アップデートエキスパート Ver5.1 日本語版」の操作問い合わせの対応も行い、フリーダイアルにて当社トータルαサポートセンターが対応いたします。将来的にはマイクロソフト社のパッチ配布ツールであるMicrosoft(R) Software Update Servicesも対象に加えることを予定しております。

【Microsoftパッチ情報提供サービス】
内容:マイクロソフト社から提供されるパッチに関する技術情報を、E-Mailにより配信(毎週ならびに不定期発行)5名/社 
「アップデートエキスパート Ver5.1 日本語版」の操作に関する問い合わせ対応 1名/1社
価格:年間36,000円(消費税別)

販売目標:初年度100社



※HotFix Alertの配信イメージ


「アップデートエキスパート Ver5.1 日本語版」
概要:マイクロソフトパッチ配布ツール。マイクロソフトパッチの情報収集から各コンピュータ
への配布がリモートで行える。
価格:100ライセンス  ¥268,000~(メーカーによる推定小売価格)

 
お客様お問合わせ先
株式会社大塚商会 マイクロソフトグループ
電話:03-3514-7560 FAX:3514-7564

ここまで本文です。

このページの先頭へ