ここから本文です。

平成16年12月期 第1四半期業績の概況

― 四半期業績で連結売上高1000億円突破、2桁の増収となる ―

平成16年4月27日 第1620号

 株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区 社長:大塚 裕司)は、平成16年12月期第1四半期(平成16年1月1日~平成16年3月31日)業績の概況をご報告致します。

【平成16年12月期 第1四半期業績の概況について】
当社グループでは「お客様の目線で総合力を活かし、信頼に応える」を平成16年度のスローガンとし、ブロードバンド環境の進展をビジネス拡大の好機ととらえ、インターネットを活用した基幹系および情報系システムの抜本的な見直しと融合など、統合システムや複合システムの提案によりお客様の課題解決に注力いたしました。
この結果、当第1四半期の業績は重点戦略事業への注力により、連結売上高が1,003億42百万円(前年同期比 12.4%増)と四半期業績で初めて1,000億円を突破し、2桁の増収となりました。一方、利益面では営業利益30億76百万円(前年同期比 334.2%増)、経常利益31億36百万円(前年同期比 334.4%増)、当四半期純利益42億2百万円となりました。なお、当四半期において、厚生年金基金の代行返上に伴う特別利益54億81百万円を計上しております。
平成16年12月期第1四半期の業績概況は以下のとおりです。


次の表は、テーブル読み上げに対応しています
  平成16年12月期第1四半期の
経営成績の進捗状況
《連結》 平成16年12月期第1四半期の経営成績の進捗状況金額(百万円) 平成16年12月期第1四半期の経営成績の進捗状況対前年増減率(%)パーセント
連結売上高 100,342 12.4
連結  システムインテグレーション事業 67,480 10.8
連結  サービス&サポート事業 31,855 14.4
連結  その他の事業 1,006 89.6
連結営業利益 3,076 334.2
連結経常利益 3,136 334.4
連結四半期純利益 4,202
《単体》    
単体売上高 91,725 13.7
単体営業利益 2,440 3,624.9
単体経常利益 2,566 1,829.8
単体四半期純利益 3,837

※当第1四半期の業績は好調に推移しましたが、平成16年2月5日に公表しました中間期および通期の業績予想に変更はありません。
※その他詳細資料につきましては、弊社ホームページに掲載いたしますのでご覧下さい。
ホームページURL: http://www.otsuka-shokai.co.jp/ir


ここまで本文です。

このページの先頭へ