ここから本文です。

CATIA技術者向け教育カリキュラムを開発

―自動車業界で導入が進む3次元CAD/CAM/CAEソフトウエア「CATIA V5」の技術者不足を解消―

平成16年7月15日 第1626号

 ソリューションプロバイダの株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区 社長:大塚 裕司)は、このたび、自動車業界に特化した「CATIA Automobile Professional Engineer育成カリキュラム」(以下、CAPE育成カリキュラム)を開発し、9月1日より発売いたします。これは、自動車業界において導入が拡大しているCADソフトの技術者育成を目的に開発したもので、急激な需要増加に伴う技術者不足を解消いたします。

現在、自動車業界では、製品の概念設計の段階から詳細設計、解析、製造、保守にいたるまでの安全・環境管理を含めた情報の一元管理、製品ライフサイクルのシミュレーションを実現する3次元CAD/CAM/CAEソフトウエア「CATIA V5」の導入が進んでいます。これに伴いCATIA技術者の需要が急速に高まっております。また、自動車業界の需要に関連する人材派遣業や関連設計事務所においてもそのニーズは高まっており、CATIA技術者の育成が急務となっております。そこで今回、当社では、Dassault Systemesの公認エデュケーション・パートナーとして多数のソリューション販売、およびCAD教育事業の実績で得たノウハウを活かし、CATIA技術者育成のための最適な教育カリキュラムとして「CAPE育成カリキュラム」を開発いたしました。

「CAPE育成カリキュラム」は、Dassault Systemesの公認テキストと、当社が自動車業界向けに独自開発したテキストの2種類を採用しています。カリキュラム自体をCATIA技術者育成に特化した内容で構成し、適宜、演習や試験、効果測定を行います。当社が持つCATIAをはじめとする豊富なCADシステム構築のノウハウや、そのシステム稼動のために必要な教育カリキュラムを十分に考慮したうえで開発をおこないましたので、CATIA技術者の育成期間を大幅に短縮し、さらに人材確保の間口の拡大を実現します。

初年度の受注目標は1億円とし、人材派遣業、自動車業界及び関連設計事務所などの企業を対象に、中部地区より販売をスタート、全国へ拡販してまいります。

【「CAPE育成カリキュラム」概要】
■カリキュラム内容:
Dassault Systemes公認テキストを使用したカリキュラムに加え、大塚商会のオリジナルとして以下を追加。
お客様のご要望に応じて、カリキュラムをカスタマイズしてご提供する事も可能です。
・自動車設計をモチーフとしたサーフェス作図・形状評価
・テンプレートを利用した設計等のナレッジ
・自動車のボディ作図等の実務に即した演習・試験(効果測定)など
■売上目標:1億円/初年度
■発売日:平成16年9月1日(水)

※CATIAは、Dassault Systemes(NASDAQ: DASTY; Euronext Paris: #13065, DSY.PA)が開発した3次元CAD/CAM/CAEソフトウエアです。CATIAは、全世界の主要な自動車メーカーおよび航空機メーカーに採用されており、自動車および航空機業界におけるデファクト(業界標準)ソリューションとなっています。

*文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。


お客様お問い合わせ先
株式会社大塚商会 教育ビジネス推進部CAD教育センター
電話:03-3514-7840
E-mail:alpha-learning@otsuka-shokai.co.jp

ここまで本文です。

このページの先頭へ