ここから本文です。

業界最低価格を実現した中堅中小向けLinux版
電子認証局を提供

― 大塚商会、テンアートニ、NECが電子証明書ソリューションを共同で開発 ―

平成16年11月8日 第1645号

 株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区 取締役社長:大塚 裕司、以下 大塚商会)、株式会社テンアートニ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:喜多 伸夫、以下 テンアートニ)、および日本電気株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:金杉 明信、以下NEC)は、Linux版の電子認証局(プライベートCA)アプライアンス製品「CertWorker for EasyNetBox(サートワーカー フォー イージーネットボックス)」を共同で開発、製品化しました。中堅・中小企業向けに本年11月8日より販売を開始いたします。

 電子証明書は、中央官庁の電子政府システムにおいて採用されているほか、企業においても、来年4月の個人情報保護法施行をにらんだ情報漏洩対策の一つとして需要が拡大しています。これまで、独自の電子証明書を発行・管理する電子認証局(プライベートCA)は、主に大企業を中心に利用されておりましたが、セキュリティに対する厳格な取り組みが中堅・中小企業にまで求められるようになった昨今、安価で運用性に優れた電子認証局(プライベートCA)製品に対するニーズが拡大するものと見込まれております。大塚商会、テンアートニ、NECの3社はこうしたニーズに対応するため、大塚商会の中堅中小市場に強い販売網、テンアートニのLinuxにおけるシステム開発力、NECの電子証明書技術という各社の強みを活かし、市場調査から製品の企画、開発を共同で実施し、「CertWorker for EasyNetBox」を製品化いたしました。

 新製品「CertWorker for EasyNetBox」の最大のアドバンテージは、クライアント証明書発行における年間コストを、他の商用サービスを利用した場合に比べ約1/10に抑えることができることです。加えて豊富なユーティリティアプリケーションや管理コンソール機能などの提供により高い運用性を実現しており、中堅・中小企業での導入に最適な電子証明書ソリューションを実現する製品であります。

●製品の詳細は以下のとおりです。
製品名
 CertWorker for EasyNetBox (サートワーカー フォー イージーネットボックス)

製品構成
 Cube RAIDモデル
 1U Rackモデル

備考
 保守サポート(別途有償)
  -ヘルプデスク(電話・ E-mail)
※大塚商会の保守サポートセンター トータル αサポート 21が担当

販売予定価格 \596,000~


※ Linux は Linus Torvalds の商標です。
※ 記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

本リリースは、株式会社大塚商会、株式会社テンアートニ、日本電気株式会社の共同リリースです。


「CertWorker for EasyNetBox」に関するお客様からのお問合せ先
株式会社大塚商会
マーケティング本部テクニカルプロモーション
e-mail: unilin@otsuka-shokai.co.jp
Tel: 03-3514-7570 / Fax: 03-3514-7564

ここまで本文です。

このページの先頭へ