ここから本文です。

中国IT業界初、日本語版セキュリティ製品の販売と
サポートを開始

―大塚商会とトレンドマイクロが中国の日系企業を支援―

平成17年1月26日 第1704号

株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区、取締役社長:大塚裕司、以下:大塚商会)と、トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼 CEO:エバ・チェン、以下:トレンドマイクロ)は、中国市場へ進出している日系企業に向けて日本語版のトレンドマイクロ製品を組み込んだソリューションを協業して提供いたします。

この中国での事業は、大塚商会の子会社である欧智卡貿易(上海)有限公司(本社:上海、董事長兼総経理:鶴見 裕信、以下:オオツカ貿易)が総販売代理店となります。オオツカ貿易では、2005年3月下旬より販売事業を開始し、販売後の現地における日本語版のサポート事業も行います。販売とサポートで年間3億円の売上を目指してまいります。

近年、製造業やソフトウェア開発企業などを中心に日系企業の中国市場への参入がますます活発化しています。日系企業の中国法人や事業所では現地従業員が大半を占めるものの長期的に滞在する日本人も少なくありません。中国でビジネスを行う日本人からITセキュリティに関しても製品購入時から導入後までをトータルでサポートしてほしいというニーズが高まっています。

そこで、大塚商会とトレンドマイクロは中国進出している日系企業のITインフラのセキュリティ向上を目指すため、オオツカ貿易を通じ日本語版のトレンドマイクロ製品の販売を開始いたします。また同時に現地ディストリビュータを通じての販売、サポート提供も開始する予定です。

中国市場でのビジネス展開において、大塚商会は現地の日系企業に対してCADシステムを始めセキュリティ関連製品の販売とサポート及びネットワークインフラ構築などを行う目的で、2003年4月にオオツカ貿易を上海に設立しました。また、トレンドマイクロは1996年に南京研究開発センターを設立後、2001年6月に上海を拠点に北京、広州、南京を統括する子会社を設立し、中国語環境に対応したセキュリティソリューションを提供しています。

<日本語版製品の販売>
トレンドマイクロは提供中の中国語版に加え、以下の製品の日本語版を現地の中国法人で製造し販売を開始します。また、各製品の価格は日本国内での販売と同等の料金で設定します。
・ウイルスバスター2005 インターネット セキュリティ
・ウイルスバスター コーポレートエディション
・ServerProtect for Windows/Netware

※日本語版製品とは、日本語OS上での動作を保証し、ユーザインタフェースに表示される言語や同梱されるマニュアル類が日本語表記されているものです。

<提供開始時期>
3月下旬

<売上目標>
3億円

<日本語版製品サポートの提供>
オオツカ貿易では購入検討時や、販売後のサポートを日本語で対応できるエンジニアを配置し、日系企業のお客様に中国現地での技術サポートを提供します。(電話、電子メール、FAX)また、トレンドマイクロは、製品に関する技術支援・サポートを通して、最適なソリューションの導入および運用を支援します。

<対応エリア>
香港を除く中国全域


【欧智卡貿易(上海)有限公司について】
オオツカ貿易は2003年4月に大塚商会の100%出資子会社として設立し、同年10月より営業を開始しました。活動拠点を日系企業の進出がめざましい上海とし、CADシステムを始めセキュリティ関連商品の販売及びサポートを中核としたビジネスを展開しています。
大塚商会と密な関係を持って、サポートにあたる体制をとっており、ネットワークインフラ構築やWeb関連ソリューションサービスの提供を通じて、日本国内同様にワンストップでのサポートを提供しております。

◎商号:欧智卡貿易(上海)有限公司
◎代表者:鶴見 裕信
◎本社所在地:上海市仙霞路317号遠東國際広場B棟2308室
◎創業年月:2003年4月
◎資本金(株主):50万米ドル(大塚商会100%出資)
◎売上高:2億1千万円
◎主な事業内容:中国におけるCADシステムを中核としたシステムの販売と関連サービスの提供及びセキュリティ関連商品の販売、サポート


※各社の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
※本リリースは、株式会社大塚商会およびトレンドマイクロ株式会社の共同リリースです。


お客様お問い合わせ先
株式会社大塚商会 テクニカルプロモーション部
  電話::03-3514-7577  FAX:03-3514-7564
E-mail:infochina@otsuka-shokai.co.jp
ここまで本文です。

このページの先頭へ