ここから本文です。

平成16年12月期 決算の発表

―売上高・利益共に過去最高で、当期純利益4.5倍―

平成17年2月3日 第1708号

株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区 社長:大塚 裕司)は、平成17年2月3日開催の取締役会において、平成16年12月期決算および配当の修正を決議いたしましたので、お知らせいたします。

【1.平成16年12月期決算について】

当社グループは、「お客様の目線で総合力を活かし、信頼に応える」をスローガンに掲げて、ブロードバンド環境の進展やセキュリティへの関心の高まりをビジネス拡大の好機ととらえ、当社グループの持つ総合力を活かした複合システムや関連サービスの提供など、企業の経営改善につながるIT活用の提案に努めました。同時に、「たのめーる*1」、「ODS21*2」、「SMILEシリーズ*3」、「OSM*4」などの重点事業に注力し、加えて顧客管理・営業支援システム(SPR*5)のより一層の活用と浸透を図り、提案品質の向上と営業活動の効率化を推進しました。また、インターネットを活用した基幹系および情報系システムの抜本的な見直しと融合など、お客様の課題解決に引き続き注力いたしました。
  その結果、平成16年12月期の業績は以下のとおりです。


  平成16年12月期の経営成績 平成17年12月期業績予想
中間期 通期
《連結》 金額(百万円) 対前年増減率(%) 金額(百万円) 金額(百万円)
売上高 372,481   +8.2   203,700   391,000  

システムインテグレーション事業 238,729   +5.7      
サービス&サポート事業 130,959   +12.3      
その他の事業 2,792   +49.4      
営業利益 17,009   +84.5      
経常利益 17,036   +88.1   11,260   18,000  
当期純利益 11,247   +357.7   5,670   8,720  

《単体》

         
売上高 342,537   +8.2   188,400   360,000  
営業利益 15,393   +82.7      
経常利益 15,656   +85.4   10,790   16,850  
当期純利益 9,235   +286.2   5,550   8,410  

※その他詳細資料につきましては、弊社ホームページに掲載いたしますのでご覧下さい。
ホームページURL: http://www.otsuka-shokai.co.jp/ir



【2.平成16年12月期の配当について】

  平成16年12月期通期業績を踏まえ、平成16年8月5日の中間決算発表時に公表いたしました平成16年12月期(第44期)の1株当たり期末配当金(=年間配当金)予想40円を、55円に修正いたします。


  中間期 期末 年間
前回予想(平成16年8月5日) 40円 40円
今回修正 55円 55円
(参考)前期の1株当たり配当金実績 20円 20円

*1 たのめーる
当社のMRO(Maintenance, Repair and Operation:消耗品・補修用品など、企業内で日常的に使用されるサプライ用品のこと)事業の中核を担う事業ブランド。
*2 ODS21
Otsuka Document Solutions 21 for open knowledge officeの略称。
当社の強みの一つである特定のメーカーにとらわれないマルチベンダー対応とオフィス製品全般を広く提供するマルチフィールド対応により、企業の文書類を知識データベースとして活用・管理するためのシステム群。
*3 SMILEシリーズ
当社オリジナルの統合型基幹業務システム。
*4 OSM
Otsuka Security Managementの略称。当社が提供するセキュリティビジネスの事業ブランド。
*5 SPR
Sales Process Re-engineeringの略称。CRM、SFAを担う当社独自開発のシステム。
最初のSにはSalesのSとS&S(Service&Support)のSの意味が込められております。

ここまで本文です。

このページの先頭へ