ここから本文です。

物流業の変革をIT業界がサポート IT業界5社による
「ロジスティクストータルシステム」の提供をスタート

平成17年3月22日 第1712号

  下記5社は、物流業の基本業務全般をITによって効率化させるために、平成17年4月1日より「ロジスティクス協業ビジネス」を正式にスタート、協業の具体的施策として「ロジスティクストータルシステム」のソリューションを5月1日より提供いたします。これは、参画各社の持つ物流に関するノウハウを融合し、コンサルティングからソリューション、インフラ、サポートまでをトータルに提案するものです。このシステムにより、物流業のコスト削減、サービス向上、輸送品質向上による効率化を促進し、受身型の情報活用から収集、分析した情報を荷主に対し有効にアピールしていく提案型事業への変革をサポートします。ロジスティクス協業ビジネスには、各社の営業・システムエンジニアなど約70名が参集し、物流業へのIT化を支援します。


株式会社内田洋行 (本社:東京都中央区  代表取締役:向井眞一)
株式会社大塚商会 (本社:東京千代田区  取締役社長:大塚裕司)
NSW(日本システムウエア株式会社) (本社:東京都渋谷区  取締役社長:多田修人)
株式会社バイナル (本社:愛知県名古屋市 代表取締役:岡本治彦)
モバイルリンク株式会社 (本社:東京都新宿区  代表取締役:市川純司)
<50音順>


【ロジスティクス協業ビジネスの発足】
  環境問題、交通問題、労働問題など物流業界を取り巻く環境は年々厳しさを増しています。また、荷主からの要望も、合理化や品質向上など多岐に亘ってきています。このような大きな変化に対応し、生き残って行くためには、コストの削減はもちろん、更なるサービス向上、輸送品質向上による効率化が急務であり、今までの受身型の情報活用から収集、分析した情報を荷主に対し有効にアピールしていく提案型へと脱皮し、他社との差別化を図っていく必要があります。そのためには物流業界における総合的なIT化は必要不可欠です。
  今回5社はそれぞれ個々に持っている輸配送や庫内業務に関する物流業界ノウハウおよびソリューションを融合させ、トータルソリューションを提案する「ロジスティクス協業ビジネス」を発足することとなりました。
  「ロジスティクス協業ビジネス」では大塚商会を事務局として、物流トータルソリューション提案を担当するバーチャルな組織「ロジスティクスプロジェクト」を発足いたします。物流業界へ特化したスペシャリスト部隊として、営業、システムエンジニアを各社から集め総勢70名の体制で、各社ロジスティクス商品をお客様のニーズに合わせて総合的にご提案し、今まで各業務ごとに構築していたシステムをより効率的にワンストップで導入していただけるよう活動してまいります。
  なお、本協業ビジネスでは、5社合計で初年度10億円の売上が見込まれます。

【第1弾ソリューション】
  「ロジスティクストータルシステム」の第1弾として、平成17年5月1日より、運輸業システム「トラックスターAD」(株式会社大塚商会)と運行管理システム「TacMan」(モバイルリンク株式会社)の連動を提供いたします。
  両システムの連動により、デジタルタコグラフより取得した運行実績データを「トラックスターAD」の日報データとして取り込むことが可能となります。基幹系システムと情報系システムのスムーズな連携により、管理、入力業務の削減による業務効率の向上、コスト削減に繋げます。
  初年度売上目標は2社合計で20セットです。
  今後も協業ビジネスを推進し、情報共有、システム連携を進め、物流事業者が求めるコスト削減、輸送品質向上などあらゆる問題点を解決する「ロジスティクストータルシステム」を随時提供いたします。

【ロジスティクストータルシステム対象商品】
  「ロジスティクスプロジェクト」では、各社のロジスティクス商品を連動させ、さらに各社の持つシステム構築および運用のノウハウを組合わせた「ロジスティクストータルシステム」としてお客様にご提供いたします。


分類 商品名 提供 特色
配車システム 簡易配車インターフェイス 内田洋行 画面上で届先を車輌に割付ける事で最適なルートを計算し稼働時間や走行距離を表示。配車状況を地図・届先など様々な角度から視覚的に確認可能。
運輸業システム トラックスターAD 大塚商会 運転日報を基に,請求,支払管理が可能。得意先管理,傭車管理,車両管理,運転者管理とリアルタイムに連結し,経営管理をバックアップ
入出庫在庫管理システム ORBIS-IV NSW 営業倉庫・物流センター等、物流の要となるストックポイントにおける在庫管理システム。入出庫・在庫・ロケーション管理から請求業務まで対応。
輸出入貿易業システム TOSSシリーズ バイナル 輸出業務での海外バイヤーとの契約から売上・入金までの一元管理。輸入業務での面倒な輸入原価計算(円)の簡単出力や発注・支払いまで一元管理。
安全運行管理システム TacMan モバイルリンク GPSを標準装備したデジタルタコグラフを搭載し、正確な運行データをメモリカードに記録し、乗務日報や管理帳票及び安全管理帳票を自動出力
動態把握管理システム TacNet モバイルリンク デジタルタコグラフに通信機器(Dopa)を搭載しリアルタイムに車輌の位置や状況を把握
「ロジスティクストータルシステムのイメージ」はこちら

【株式会社内田洋行 概要】
(1)商号 株式会社内田洋行 (東証一部、大証一部上場 コード番号:8057)
(2)主な事業内容 事務用機器・機具、事務用品、オフィス・ホーム家具などの製造・販売と輸出入 
各種情報処理技術の開発ならびに提供/ 建築工事全般に関する調査・企画・設計・監理・施工ならびに請負/ 計量器販売、毒物劇薬販売、医療用具販売
(3)物流への取組 ロジスティクス全般のソリューションを推進。特に庫内系と配車計画系について業務設計コンサルからシステム構築までを提供。推進するパッケージ商品としては簡易配車インタフェースやSC物流など。
 
【株式会社大塚商会 概要】
(1)商号 株式会社大塚商会 (東証一部上場 コード番号:4768)
(2)主な事業内容 システムインテグレーション事業/コンピュータ、複写機、通信機器、ソフトウェアの販売および受託ソフトの開発等 /サービス&サポート事業/サプライ供給、保守、教育支援等
(3)物流への取組 中堅物流企業へのコンサルティング、基幹系システム、情報系システムのトータル構築からサポートまでを提供。またロジスティクスプロジェクト創設し、より効果的なシステム提案を実現。
 
【NSW(日本システムウエア株式会社) 概要】
(1)商号 日本システムウエア株式会社 (東証一部上場 コード番号:9739)
(2)主な事業内容 ソフトウエア開発、デバイス開発、情報処理サービス、システム機器販売
(3)物流への取組 営業倉庫から物流センター、トランクルームに至る各業態に応じたシステム「ORBIS-IV 倉庫業」、「ORBIS-IV 物流センター」、「ORBIS-IV 文書保管」をリリースし業務コンサルから導入、運用、ハウジングまで一貫したソリューションを提供。
 
【株式会社バイナル 概要】
(1)商号 株式会社バイナル
(2)主な事業内容 輸入業務システム、輸出業務システムおよび通関業務システムの開発、販売
(3)物流への取組 貿易という実務を切り口にRMA管理、イベント用品のロケーション管理(国内、海外)など様々な荷主のニーズに応えるべく物流サブシステムを構築。また2003年からは中国でのソフト提供、個別開発、サポート業務を開始。
 
【モバイルリンク株式会社 概要】
(1)商号 モバイルリンク株式会社
(2)主な事業内容 物流効率化支援システムおよびモバイル関連システムの開発、販売、ネットワーク構築
(3)物流への取組 モバイル端末(デジタルタコグラフ/車載端末等)を利用し、運行に関する情報を物流企業が合理化を達成する為のコンサルティングからサポートまでを提供。

関連リンク

ロジスティクス業界|業務・業界別 事例テンプレート


ロジスティクスプロジェクト事務局
株式会社大塚商会
インダストリープロモーション部ロジスティクス担当 
電話 03-3514-7860 FAX 03-3514-7851

ここまで本文です。

このページの先頭へ