ここから本文です。

オンライントレーディングサービスを提供する証券業、
金融業向け

―ワンタイムパスワード認証によりセキュリティ強化を支援―

平成17年7月28日 第1731号

  ソリューションプロバイダの株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区、社長:大塚 裕司)は、証券業界および金融業界を対象に、オンライントレーディングサービスにおけるセキュリティ強化を実現する「本人認証システム構築サービス」を平成17年8月1日(月)より提供開始いたします。

近年、フィッシングやキーロガー、ファーミング*1などの手法を使った個人情報や取引内容の情報漏えい、インターネットを利用した詐欺や不正が次々に発覚しています。この様な中、オンライントレーディングサービス提供企業においては、Webサイトへのログイン時のセキュリティを高め、登録者や会員のみが利用できる仕組みを用い、利用者に不安を生じさせない安全なサイト運用体制が求められています。
しかし、利用者が安心して使用できるオンライントレーディングサービスシステムを構築するためには、既存のシステムにおけるセキュリティリスクを把握し、それに基づいたシステム設計や運用体制・セキュリティ教育などを、トータルで考慮する事が必要不可欠となります。

大塚商会ではこれまでも、企業のセキュリティをトータルにサポートする「OSM(Otsuka Security Management)」を幅広い業種、業態の企業向けに提供してきました。
今回提供する「本人認証システム構築サービス」は、大塚商会が実施するWebシステムの導入コンサルティングやシステム構築/運用支援、セキュリティ教育と、RSAセキュリティ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:山野 修)の本人認証システム「RSA SecurID」を組み合わせ、オンライントレーディングサービス提供企業におけるセキュリティ強化をトータルに実現いたします。

本人認証システム構築サービスで提供するRSA SecurIDは、60秒ごとにユーニークな6桁の数字を生成・表示し、その数字に通常の個人の暗証番号(アカウントパスワード)を加え入力するという二要素認証を行う事で本人以外の利用を防止し、なりすまし対策が図れます。オンライントレーディングサービス提供企業は、本人認証システムを利用者に配布してサービスの本人認証を強固にし、高いレベルでのセキュリティを実現することができます。
このことでサービス提供企業は、利用者からの暗証番号に関する問い合わせや変更作業がなくなり、大幅な管理工数の削減を図ることが可能となります。また、オンライントレーディングサービス利用者にとっても、専用ソフトや装置を新たに追加することなく高度なセキュリティが実現でき、また暗証番号の管理や定期的な変更作業がなくなるという利便性の向上が図れます。

大塚商会の提供する本人認証システム構築サービスを導入することで、証券・金融業におけるオンライントレーディングサービス提供企業は、サービス利用者のIDパスワードの漏えいを回避し、安全なサービスの提供が可能になります。また、今後増大が見込まれるオンライントレーディングサービスにおいても、競合他社とのサービスの差別化を図ることができ、利用者の増加や顧客の抱え込みによるサービスのより一層の充実につながります。

大塚商会では今後、証券・金融業界を対象に本人認証を中心としたセキュリティに関するセミナーやイベント開催などのプロモーション活動をRSAセキュリティなどと共同で開催していきます。


■サービス名

本人認証システム構築サービス
    ・導入コンサルティング
    ・システム構築/運用支援
    ・本人認証システム関連教育
    ・「RSA SecurID」ライセンスを含みます。

■価格 個別見積り
    参考)オンライントレーディングサービス利用者が5000ユーザーの場合、本人認証構築サービスの価格は約6000万円程度になる見込みです。
■提供開始日 平成17年8月1日
■販売目標 20システム(発売12ヶ月)


*1:フィッシング、キーロガー、ファーミング
証券・金融機関などからの正規のメールやWebサイトを装い、暗証番号やクレジットカード番号などの個人情報を不正に入手し悪用する詐欺手法。

*文中に記載の製品名等固有名詞は各社の登録商標または商標です。


お客様からのお問い合わせ先
株式会社大塚商会 テクニカルプロモーション部
TEL:03-3514-7568
e-mail: osm-g@otsuka-shokai.co.jp

ここまで本文です。

このページの先頭へ