ここから本文です。

中小企業のISO取得を促進、6社連合ISOユニットを結成

認証取得期間を3分の2に短縮

平成17年8月3日 第1733号

 株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:大塚 裕司、以下 大塚商会)は、下記のISOコンサルティング企業と6社連合ISOユニットを組み顧客のISO取得促進と取得後の維持管理に役立つサポートを行っていきます。業界ごとに多くの実績を持つコンサルタント企業とビジネスユニットを組むことで、顧客の業種によって最適なコンサルタント企業と連携を取り取得から維持管理に至るまでのトータルソリューションを提供します。このISOユニットを利用することにより、顧客はISO取得の際に自業界に得意なコンサルタント企業を捜す手間が省けます。また、業界特有の業務の流れを共有できるので認証取得までの期間を従来の3分の2に短縮することが可能です。認証取得後に発生する維持管理も大塚商会が提供するITツールで省力化できます。ISOユニットによる販売目標は、今後1年間で100件10億円を目指します。

<6社連合ISOユニット参加コンサルタント企業と得意業界>

■電子精密機械製造業/サービス  株式会社アイテス
■製薬・医療機器業/サービス   株式会社イーエムエスジャパン
■鉄鋼・金属関連業/サービス   株式会社シスウェイ
■自動車関連企業/サービス    住友電工情報システム株式会社
■部品製造業/サービス      メイソンコンサルタントグループ株式会社

 近年、ISO認証取得は企業規模・業種を問わず、取引先条件の最優先課題となっています。しかしながら、経営者がコンサルタントを依頼する場合、経営者自身が自企業に見合うコンサルタント企業を探して依頼をかけていることがほとんどです。品質管理(ISO9001)や環境管理(ISO14001)等規格は定まっていても業界によって業務の流れは微妙に差異があることもコンサルタント選定の問題のひとつです。また、医療機器業界や自動車業界など業界特有の国際規格も存在します。顧客が依頼したコンサルタントが業界に精通していないと業界用語や業務の流れをはじめから説明しなければならず無益な工数を取ることになりかねません。さらに、ISO取得後の維持管理にも多大の工数や課題が存在します。大塚商会はコンサルティング企業とともにITツールを利用した維持工数削減の運用を提案します。具体的には、文書管理システム・Webラーニング(社員教育)・グリーン購入分析(たのめーる購入)・複合機有効活用支援によって取得支援から維持管理まで総合的に支援いたします。

6社連合ISOユニットが提供するサービス(一部)

  ・ISO9000、14000に限らずあらゆる国際規格取得コンサルティング
  ・セキュリテイから、e文書法、回線も含めた環境構築をコンサルティング
  ・ISO文書管理システムの提供
  ・ISO実地教育及びeラーニング
  ・ASP「MAたのめーる」によるECOマーク製品の購買状況や自動集計

各コンサルティング、システム等の価格:別途お見積り


お客様お問い合わせ先
大塚商会 マーケティング本部
ODS・CTIプロモーション部ODSプロモーション課
電話:03-3514-7650 FAX:03-3514-7651
e-mail:ODS21@otsuka-shokai.co.jp

ここまで本文です。

このページの先頭へ