ここから本文です。

異業種・異業態3社による企業間プロジェクトを結成

―「食」の安全・安心をサポートし、食品製造業に最適なソリューションを提供―

平成17年9月5日 第1739号

 株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区、取締役社長:大塚 裕司、以下 大塚商会)、サラヤ株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:更家 悠介、以下 サラヤ)、株式会社竹中工務店(本社:大阪市、取締役社長:竹中統一、以下 竹中工務店)の3社は「食品製造業の企業が共通に持つ“安全と安心”の課題に対し、各社業態の強みを活かした最適なソリューションを提供する」ことを目的に企業間プロジェクトTeam「 O-st(オースト:O オリジナル S サニテーション T テクニカルサービス)」を平成17年9月5日に結成いたします。各社の得意分野を集結することで、業界特有かつ共通の課題に対し効率的な解決を図ります。これにより、食品製造業の最優先課題である「食」の安全・安心の実現を目指します。公開Webサイトを立ち上げ、総合診断サービスを開始する他、9月16日(金)にホテルエドモンドにて食品製造業向けの総合診断メニューサービスについてのセミナーを実施し、順次食品製造業向け食品技術セミナーを東京及び大阪で開催して行きます。

食品業界は、消費者ニーズの多様化、リベート制度の廃止、個人情報保護法の施行など対応しなければならない課題が多くなっております。その中でも特に食品製造業に共通して抱える課題は、製造から流通、そして消費者対応まで含めた食の「安全と安心」の追求です。この課題を実現するために、従来からのHACCP対応技術に加えて、サニテーション(衛生管理)、トレーサビリティ(追跡・証明)、情報通信技術等を効率よく提供する必要があります。
こうした食品製造業の要求に応えるベく、異業種の3社が食の「安全と安心」の追求に賛同して、Team「O-st」を発足しました。3社はそれぞれ個々に持っている食品製造業に対するソリューションを融合させ、オリジナルソリューションを開発、提供していきます。
第一弾として、ソリューションを提供する前段階となるTeam「O-st」総合診断を9月より開始いたします。これは、製造施設における食の安全・安心に関わる全ての構成機能について現状を調査し、その健全性を評価すると共に改善や向上に向けたレポートをするものです。総合診断には、チェックリストを用いた無償診断、現地調査を含めた簡易診断更には課題の洗い出しから解決の提案までを実施する、標準診断の3種類を用意いたします。


【Team「O-st」総合診断】
チェックリストによる無償診断
簡易診断 価格:別途見積 期間:一日ないし二日
標準診断 価格:別途見積 期間:協議の上決定


<<大塚商会の役割>>
情報インフラ、基幹システム、情報セキュリティなど企業で求められるIT関連についてのソリューションを主に担当いたします。

<<サラヤの役割>>
品質管理、工程検査などを含むサニテーション(衛生管理)分野についてのソリューションを主に担当いたします。

<<竹中工務店の役割>>
食品関連施設に対するエンジニアリングを中心に担当いたします。

Team「O-st」 活動内容
1.各分野の強みを活かしての最適なソリューション、および新しいビジネスモデルの提供・提案。
2.会員登録者へのイベント案内やソリューション紹介など
3.協同イベント・セミナーの定期開催(毎年東京・大阪で開催)
4.Team「O-st」としてメディアやインターネットを活用した情報配信


お客様お問い合わせ先
Team「O-st」事務局
(株式会社大塚商会インダストリープロモーション部内)
TEL:03-3514-7861 FAX:03-3514-7851
Team「O-st 」URL:http://www.o-st.jp




ここまで本文です。

このページの先頭へ