ここから本文です。

プライバシーマークや個人情報保護法対策の継続運用を
支援する『セキュリティ対策運用継続パック』を発売

平成17年10月27日 第1751号

ソリューションプロバイダの株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区、取締役社長:大塚裕司)と株式会社OSK(本社:東京都墨田区、取締役社長:原田要市)は、平成17年11月1日より、プライバシーマーク取得、ISMS認証*1取得、個人情報保護法対策の継続運用を目的とした『セキュリティ対策運用継続パック』の販売を開始いたします。

本製品は、各セキュリティ制度を構築中、または対策済みの企業が継続運用するにあたり、各セキュリティ制度が求める文書管理、記録管理、職務分掌を中心とした要求事項に対応したツールを、OSKが開発した情報系システム「eValue」*2と組み合わせた製品パックです。

『セキュリティ対策運用継続パック』は、各セキュリティ制度の要求事項に対応した規程、記録類や台帳類などの基本文書や様式のテンプレートを提供します。このテンプレートを基に、導入企業固有の内容に修正することで、各セキュリティ制度に適した文書管理が可能となります。また、基本的な職務分掌例や申請フォーム、教育プログラムをご利用いただくことで、要求事項を網羅することが可能となります。

これまで各セキュリティ制度を構築しているのにもかかわらず、情報システムによる運用が未整備であった企業にとって、本製品を導入することで、文書管理者の負荷低減やペーパーレス化を進めることが出来ます。さらに継続審査を想定した検索機能を利用することで、実地審査にも対応することが可能です。


◇『セキュリティ対策運用継続パック』概要
本製品は、セキュリティ制度の分類別(プライバシーマーク、ISMS、個人情報保護法対策)に3パック、さらに対応するプログラム別に3モデルが体系化されています。導入企業は、各セキュリティ制度の取り組み状況や既存のシステムの導入レベルに応じて選択いただけます。

◇製品構成
 

◎ライトモデル……

「Visual Finder」*3による文書管理と文書管理に関する承認機能。
規程や帳票などの基本文書様式に関するテンプレート。基本的なフォルダ構成例、職務分掌例、申請フォームのテンプレート

 

◎エントリーモデル……

ライトモデルに加え、「EasyPortal」*4による企業ポータル型グループウエア。
「EasyPortal」を利用した教育プログラム。
 

◎スタンダードモデル……

エントリーモデルに加え、「Advance-Flow」*5を利用した電子承認システム。
各セキュリティ制度に適した電子承認フローのテンプレート


  プライバシーマーク
運用継続パック
ISMS運用継続パック 個人情報保護法対策
運用継続パック
スタンダードモデル 電子承認システム Advance-Flow Advance-Flow Advance-Flow
同 テンプレート セキュリティ制度対応テンプレート セキュリティ制度対応テンプレート セキュリティ制度対応テンプレート
エントリーモデル 企業内ポータルサイト EasyPortal EasyPortal EasyPortal
教育コンテンツ 「迫りくる危機!個人情報保護対策」 「すぐに役立つ!ISMSと情報セキュリティ」 「迫りくる危機!個人情報保護対策」
ライトモデル 文書管理システム Visual Finder Visual Finder Visual Finder
コンテンツ
テンプレート
CP文書、帳票類(75種) ISMS構築の為の基本文書・様式(66種) 規程類、帳票類(57種)
ツールテンプレート 基本的なフォルダ構成基本的な職務分掌申請フォーム 基本的なフォルダ構成基本的な職務分掌申請フォーム 基本的なフォルダ構成基本的な職務分掌申請フォーム

◇標準的な価格構成

  プライバシーマーク
運用継続パック
ISMS運用継続パック 個人情報保護法対策
運用継続パック
ライトモデル 980,000円 980,000円 880,000円
エントリーモデル 1,273,000円 1,273,000円 1,173,000円
スタンダードモデル 3,682,000円 3,682,000円 3,582,000円

※上記価格に含まれる各製品のライセンス数は次の通りです
  ・ライトモデル…「VisualFinder」30ライセンス
  ・エントリーモデル…「VisualFinder」「Easy Portal」各30ライセンス
  ・スタンダードモデル…「VisualFinder」「Easy Portal」無制限版、「Adovance-Flow」100ライセンス

※次の場合は個別見積となります。
  ・「eValue」の各製品の全てまたは一部をすでに導入されていて、各テンプレートのみを追加する場合
  ・複数パックを同時導入される場合
  ・ライセンス数を変更する場合
「eValue」の各製品は通常業務(文書管理、電子承認、グループウェア、教育プログラム)との併用も可能です。

◇発売予定日
  平成17年11月1日
◇販売目標
  年間120セット(発売12ヶ月)

『セキュリティ対策運用継続パック』は、大塚商会が各セキュリティ制度構築のためのコンサルティングサービスとしてすでに提供している「プライバシーマーク取得支援サービス」、「ISMS認証取得支援サービス」、「個人情報保護法安心パック」との親和性が高く、組み合わせて導入いただくことで、構築から運用まで、一貫したセキュリティ制度対策を構築することが出来ます。

大塚商会では『セキュリティ対策運用継続パック』を、主に中小企業を対象に提供していき、120セットの販売を見込んでいます。

*1ISMS認証: 企業のISMSが、英国規格BS7799-2:2002及びJIS X5080:2002(国際規格ISO/IEC17799:2000」に準拠していることを認定する、財団法人 日本情報処理開発協会(JIPDEC)の評価制度に認定を受けること。
 ISMS: 情報セキュリティマネジメントシステムの略称。企業などの組織が情報を適切に管理し、機密を守るための包括的な枠組み。
*2「eValue」: 株式会社大塚商会の開発子会社、株式会社OSKの情報系ブランド。企業ポータル、文書管理、電子承認等の情報系製品の連携と基幹系システムとの融合を実現し、付加価値の高い統合ソリューションを提供。
「eValue」は、株式会社OSKの登録商標です。
*3「VisualFinder」: Web上で文書ファイルを管理するドキュメント検索システム。
*4「Easy Portal」: 社内情報の共有、有効活用を支援する企業ポータル型グループウエア。
**5「Advance-Flow」: 業務上の各種申請や承認処理を電子的に行う承認システム。

お客様お問い合わせ先
株式会社大塚商会
テクニカルプロモーション部
電話:03-3514-7565  FAX:03-3514-7564

ここまで本文です。

このページの先頭へ