ここから本文です。

Microsoft SQL Server 2005の導入サービスを
独自メニュー化

―データ統合から分析まで一連の流れを効果的に支援―

平成17年12月14日 第1760号

 ソリューションプロバイダの株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区、社長:大塚 裕司 以下、大塚商会)は平成17年12月15日より、Microsoft SQL Server(TM)を利用したビジネスインテリジェンス(BI)システムの導入に関する支援サービスを独自メニュー化し「データウェアハウス構築支援サービス」と「パフォーマンス・チューニングサービス」の提供を開始いたします。
顧客情報や商品情報など企業が必要な情報を必要なときに閲覧・分析できる環境導入をサポートする「データウェアハウス構築支援サービス」では、企業におけるデータ活用システムをより身近なものとして導入いただけます。「パフォーマンス・チューニングサービス」は、基幹システム構築に広く利用されているMicrosoft SQL Serverを活用した稼動中のシステムに関して調査や分析を行い、データベースの最適化とエンジンのチューニングにより、システムの安定稼動と高速化を実現します。
本サービスはあらゆる業界・業種に対し、業務サービス向けマイクロソフト製品の国内トップリセラーである大塚商会が、マイクロソフト製品のサポートなどで実績のある株式会社OSK(本社:東京都墨田区、社長:原田 要市)と連携し全面サポートいたします。

平成18年2月発売予定のマイクロソフトのデータベースソフトの最新版Microsoft SQL Server2005ではパフォーマンスの向上やセキュリティ、拡張性や可用性などの機能強化により、今まで以上にあらゆるビジネスデータの活用に対応した柔軟なビジネスインテリジェンスツール導入と快適なシステム運用の提供が可能となります。Microsoft SQL Server2005の機能拡張に伴い「データウェアハウス構築支援サービス」では Microsoft SQL Server2005の新機能を活用し蓄積された大量の業務データを統合、レポートの作成と配信、またユーザーが求める項目間の分析を高速に行う環境構築の工程を効果的にサポートいたします。
また、導入時は効率よく稼動しているシステムでも、その後の業務内でのデータ件数の増加や利用ユーザーの増加、また長期間の利用に伴うハードウェアリソースの低下など様々な原因によりシステムのパフォーマンスは低下することがあります。パフォーマンスの低下は、業務に支障をきたすことやシステム障害を招きます。「パフォーマンス・チューニングサービス」では、ボトルネックとなる様々な原因を検出し、現状の問題点をシステム及びハードの両面から解消することを目的とし当社導入システムの事例を活用した最適なシステムの運用と業務効率の改善を実現します。

これらの新サービスは、全国の大塚商会 販売サポート拠点より企業へ提供いたします。また全国の当社エンジニア・営業へのデータベース関連のサポート体制強化に努め、企業でのSQL Serverを活用したビジネスインテリジェンスツールの導入・運用サポート分野に今まで以上に積極的に取り組んでまいります。

◆サービス詳細
【データウェアハウス構築支援サービスメニュー】
・ データウェアハウス(DWH)要件分析サービス (期間:8週間 / 価格:320万~)
DWH構築の成功のポイントは、エンドユーザへの利用定着を目的とし、本サービスでは要件定義及び、利用シーンを想定した運用面での要件まで分析します。

・ プロトタイプ構築・評価サービス (期間:6週間 / 価格:240万~)
プロトタイプ構築により、要件定義で抽出されたデータ分析モデルの評価およびOLAPツールの適合性を評価します。また、エンドユーザ・レビューによる要件定義の検証を実施することが出来ます。

・ システム設計支援サービス (期間・価格 / 個別見積)
DWH開発プロジェクトに対して、基幹システムとのデータ連携設計、パフォーマンスを考慮したデータベース設計、アーキテクチャデザインについての支援を実施します。

【データウェアハウス構築支援サービスメニューの位置づけ】



【パフォーマンス・チューニングサービスメニュー】
・. 現状調査分析サービス (期間:2週間 / 価格:80万~)
稼動中のシステムにおいてデータ量・処理量の増大に伴うパフォーマンス劣化などの不安や問題に対して、現状調査を実施しボトルネック要因などをご提示します。

・ パフォーマンス・チューニングサービス (期間:4週間 / 価格:160万~)
現状調査分析でのボトルネック要因、データ量・処理量の増大に伴うパフォーマンス劣化等に対して、チューニング作業を実施し、具体的な解決策をご提供します。

【データベースチューニングサービスメニューの位置づけ】





◆今回のサービス開始にあたってマイクロソフト社より以下のコメントを頂いております。

マイクロソフト株式会社 業務執行役員 ビジネスパートナー営業本部 本部長
宗像 淳 様

マイクロソフトは、この度の株式会社大塚商会様による新サービスメニューの提供を歓迎いたします。 
いまやデータベースはデータをためる機能だけに収まらず、データの管理、パフォーマンス、運用性、操作性、拡張性全てにおいて様々な要素が求められております。Microsoft SQL Server は、スケーラビリティ、データ統合機能、開発ツール、および豊富な分析機能により、重要でタイムリーな情報を組織内の様々な立場の方々に迅速に届けることができる唯一のデータベースソリューションであります。
今回発表された大塚商会様のサービスにより、多くのお客様がより簡単に、より短期間にデータベース活用ソリューションを導入することができますし、2006年2月から発売を開始するMicrosoft SQL Server 2005 の導入をより加速できるものと考えております。
また、株式会社大塚商会様は、2005年7月に米国で開催されたMicrosoft Worldwide Partner Conference 2005にて、Microsoft Partner Program Award を、世界で初めて 3 部門同時に受賞されました。このような実績有るパートナー様による新サービスメニューの提供と、弊社の最新データベースソリューションであるMicrosoft SQL Server 2005 により、お客様の大量のデータを統合しビジネスに必要なデータの高速な分析により、ビジネス拡大のサポートをさせていただきます。


◆用語の説明
*:SQL Server
小規模なシステムから企業レベルの基幹システムまで、あらゆる規模のシステムに対応する高性能なリレーショナルデータベース管理システム。企業や組織の意思決定を支えるデータウェアハウスに最適なデータベースの構築が可能

*:プロトタイプ
システム導入時にエンドユーザが操作性などを実際に確認する為に作成する為の完成見本

*:OLAP (On-line Analytical Processing)
データベースを多次元的に解析し、高速かつ視覚化するツール。取引データなどを瞬時に分析することが可能

*:データウェアハウス(DWH)
基幹系業務システムから取引データなどを抽出・再構成して蓄積し、情報分析・意思決定を行うためのデータベース


*Microsoft、Windows Server、 Active Directory は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。


お客様お問い合わせ先
株式会社大塚商会
テクニカルプロモーション部
電話:03-3514-7560
E-mail:msg.imformation@otsuka-shokai.co.jp

ここまで本文です。

このページの先頭へ