ここから本文です。

平成17年12月期 決算

― 3期連続の増収増益で過去最高を記録 ―

平成18年2月2日 第1809号

 株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区 社長:大塚 裕司)は、平成18年2月2日開催の取締役会において、平成17年12月期決算および配当の修正を決議いたしましたので、お知らせいたします。

【1.平成17年12月期決算について】

当社グループは、平成17年度のスローガンを「お客様と共に成長し、信頼に応える」とし、既にお取引のあるお客様との取引拡大を図り、併せて新規顧客開拓にも注力いたしました。そのために、独自開発の顧客管理および営業支援システム「SPR(*1)」の機能強化と活用促進を図り、取引履歴、対応履歴、お客様の声や商談状況等を共有して、コスト削減や生産性向上といったお客様のニーズにマッチした最適なソリューション提案と効率的な営業活動に努めました。
具体的には、複写機、コンピュータ、FAX、電話機、回線などを組み合わせた複合システム提案を積極的に行い、情報セキュリティ関連ビジネス、オフィスサプライ通信販売事業「たのめーる(*2)」等の重点戦略事業に引き続き注力しました。
平成17年12月期の経営成績と平成18年12月期の業績予想は以下のとおりです。



《連結》 平成17年12月期の経営成績 平成18年12月期業績予想
中間期 通期
金額(百万円) 対前年増減率(%) 金額(百万円) 金額(百万円)
売上高 409,413 +9.9 222,800 430,000
内訳 システムインテグレーション事業 258,275 +8.2
サービス&サポート事業 149,100 +13.9
その他の事業 2,037 -27.0
営業利益 21,911 +28.8 15,130 23,800
経常利益 22,210 +30.4 15,260 24,000
当期純利益 11,747 +4.4 8,410 13,200
《単体》
売上高 380,277 +11.0 208,100 400,000
営業利益 19,878 +29.1 13,540 20,900
経常利益 20,388 +30.2 13,910 21,500
当期純利益 10,871 +17.7 7,820 12,000

※その他詳細資料につきましては、弊社ホームページに掲載いたしますのでご覧下さい。
ホームページURL: http://www.otsuka-shokai.co.jp/ir


【2.平成17年12月期の配当について】

平成17年12月期通期業績を踏まえ、平成17年2月3日の決算発表時に公表いたしました平成17年12月期(第45期)の1株当たり期末配当金(=年間配当金)予想55円を、20円増配し、75円に修正いたします。

  中間期 期末 年間
前回予想(平成17年2月3日) 55円 55円
今回修正 75円 75円
(参考)前期の1株当たり配当金実績   55円 55円


以 上


*1 SPR Sales Process Re-engineeringの略称。CRM、SFAを担う当社独自開発のシステム。最初のSにはSalesのSとS&S(Service&Support)のSの意味が込められております。
*2 たのめーる 当社のMRO(Maintenance, Repair and Operation:消耗品・補修用品など、企業内で日常的に使用されるサプライ用品のこと)事業の中核を担う事業ブランド。

ここまで本文です。

このページの先頭へ