ここから本文です。

Webアプリケーションなどのソフトウェア品質テストセンター
を開設

―IBMの開発ツールRationalを活用し、品質テストの生産性30%向上を目指す―

平成18年4月5日 第1819号

 株式会社大塚商会(代表取締役社長:大塚 裕司、本社:東京都千代田区、以下:大塚商会)、株式会社テンアートニ(社長:喜多 伸夫、本社東京都千代田区、以下:テンアートニ)、日本アイ・ビー・エム株式会社(社長:大歳 卓麻、本社:東京都港区、以下:日本IBM) の3社は、Webアプリケーションなどのソフトウェア・テストの品質向上を目的に協業することに合意し、大塚商会内に、品質テストセンター「Rational Testingセンター」を開設します。IBMの開発ツール「Rational」に特化した施設としては、日本初となります。

 システムダウンやソフトウェアのバグが企業経営に与える影響がますます大きくなっている今日、ソフトウェアの品質テストの重要性が高く認識されています。しかしながら、システムの規模が大きくなり複雑になる中で、短期間でソフトウェアを開発しなければならず、テストがおろそかになってしまうという現実があります。

 ソフトウェアの品質向上は、お客様にとって火急の課題であるという共通の見解に基づき、大塚商会、テンアートニ、日本IBMの3社は、Webアプリケーションなどのソフトウェア・テストの生産性を30%向上させることを目標に、大塚商会内に「Rational Testingセンター」を設立します。

 同センターでは、Webアプリケーションなどのソフトウェアのテストを自動化することによる生産性向上を具体的に体感いただくためのデモ施設や、セミナーの開催、お客様にRational製品を最適な環境でお使いいただくための環境検証およびコンサルティングなどを実施します。

センターの運営にあたり、各社の役割は、以下の通りです。
・大塚商会は、センターの運営および、Rationalツールと導入支援サービスをパッケージ化し、お客様に提供します。2006年に2億円の販売を計画しています。
・テンアートニは、Javaやオープンソース・テクノロジーのノウハウを基に、Rationalツールを活用したソフトウェア・テストのコンサルティングおよび導入支援サービスを開発、提供します。
・日本IBMは、テストの生産性を高めるためのRationalテスト・ツール(*1) をセンターに提供します。

また、センター開設記念として、来る4月26日に、3社共同にて「Rational Testing Center 開設記念セミナー 高精度なテストを低コストでより短期間に」(*2)を実施します。

IBM Rationalのテスト・ツール(*1)

・IBM Rational Functional Tester
  アプリケーションの品質を検証するテスト担当者およびGUI開発者向けの高機能の回帰テストの自動化ツールです。
・IBM Rational Performance Tester
  負荷およびパフォーマンスのテスト・ソリューションであり、本番稼働前にパフォーマンスの問題解決に取り組むソフトウェア開発とテスト・チームの負荷テストを支援します。
・IBM Rational Manual Tester
  テスト担当者およびビジネス分析者向けの手動テストの編集/実行ツールです。テスト手順の再利用を行うことができるため、ソフトウェアの変更による手動テストへの影響を抑えることができます。
・IBM Rational PurifyPlus
  ランタイム分析ソリューションです。 メモリーの破損やリークの検出、アプリケーション・パフォーマンスのプロファイリング、コード・カバレッジ分析の機能があり、開発者は、より信頼性の高いコードをより迅速に作成できます。

Rational Testingセンター開設記念セミナー (*2)
「高精度なテストを低コストでより短期間に」
日時:4月26日 (水) 13:30-16:30
場所:大塚商会内 302会議室

13:30 受付開始
14:00-14:15 ごあいさつ
  株式会社大塚商会 マーケティング本部 テクニカルプロモーション部 大久保
14:15-15:15 セッション1
  タイトル: IBMラショナル テストの自動化による品質向上
  内容:ソフトウェア・テスト重要性は高まる一方です。ソフトウェア開発で早期に、継続的にテストを自動化することにより、さらに高品質のソフトウェアをより効率的に開発/テストする方法をご紹介します。
日本アイ・ビー・エム株式会社 ソフトウェア事業 Rationalテクニカル・セールス&サービス 小野塚 荘一
   
15:15-15:25 休憩
15:25-16:25 セッション2
  タイトル: Webシステム開発における効率的な品質向上策
  内容: 短期間でのサービスインを要求されるWebシステム開発において、如何に効率よく品質を 確保するかをテーマに、自動化テスト・ツールの活用についてお話しします。 また、Rationalテスト・ツールを導入されるお客様に対して、テンアートニが提供するサービスについてのご紹介をいたします。 
株式会社テンアートニ 執行役員 プロダクト&SIビジネスユニット Webソリューション部 山崎 靖之

IBM、Rational, PurifyPlus は、IBM Corporationの商標。
JavaおよびすべてのJava関連の商標およびロゴは Sun Microsystems, Inc.の米国およびその他の国における商標。
その他の製品名および会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。


お客様からのお問い合わせ先
株式会社大塚商会
テクニカルプロモーション部
電話:03-3514-7568 FAX:03-3514-7564

ここまで本文です。

このページの先頭へ