ここから本文です。

環境に配慮したオフィスづくりをトータルサポート

―エネルギー消費量、紙使用量をそれぞれ最大25%削減―

平成20年5月26日 第2016号

ソリューションプロバイダの株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚裕司)は、環境面に配慮したオフィス環境の構築を支援する環境対策ソリューションを平成20年5月28日より提供します。

昨今、環境活動を実施している企業が抱える課題は、「エネルギー使用量の節減」「紙資源の削減」「廃棄物の削減と適切な処理」の3つの環境要素があると一般に言われています。工場など製造業では環境対策は進んでいますが、オフィスにおいては「何を、どうすれば、どれくらい削減、抑制できるのか」明確な指標、仕組みが明確ではありません。

今回提供する環境対策ソリューションでは、コンサルティングにより企業におけるオフィス環境対策の課題を分析し、企業に合わせた管理・運用をトータルにサポートします。

当社は環境保全を経営の最重要課題の1つとして位置づけ、その事業活動を通じて「自然や社会とやさしく共存共栄する企業」を目指しています。中長期的な環境活動「大塚エコアクション」を定め、2001年に自社事業所でISO14001認証を取得しています。また、企業への環境ソリューションの提供についても継続的な取り組みを実践してきました。

今回、これまでの社内で得た経験やノウハウ、企業への導入実績を元に‘もっと簡単にもっと分り易く’をコンセプトに環境対策ソリューションの提供を開始します。

1.コンサルティング

簡易チェックシートを用い、オフィスに内在する環境課題を具体的に分析します。また、社団法人産業環境管理協会による認定を受けた環境ISO審査員補18名により、企業における環境対策の課題や業務プロセスのヒアリングを行い、削減効果を数値化し、オフィス状況に合わせたポリシーの策定を提供します。

2.エネルギー使用量の節減

サーバルームの熱の流れをシミュレーションし、サーバの最適配置、ブレード化の推進により消費電力を削減する。更にパソコンを集中管理し、モニタやパソコン電源を強制的にオフにすることで、エネルギー使用量の削減を実現します。

3.紙資源の削減

実際に紙の出力状況など利用環境を分析、紙を出さなくてもよい仕組みを構築する活用支援メニューを文書管理システムと連携、紙が流通しない仕組みにより紙資源の削減を行います。

4.廃棄物の削減

環境にやさしい環境対応商品を簡単に選んで購入できる仕組みを提供、更に環境負荷の低い原材料や、RoHS指令(※1)に対応し、安全性に配慮した化学物質の原材料を選べる生産管理システムと連携して削減効果を高めます。

5.運用面

Webラーニングのコンテンツ提供により環境対策に関する社員教育の徹底を行います。

(※1)RoHS指令:電子・電気機器における特定有害物質の使用制限についての欧州連合(EU)による指令


環境ソリューションオフィスの管理・運用のサポートメニュー例

環境ソリューションオフィスの管理・運用のサポートメニュー例

例:従業員200人規模のオフィスにおける削減効果(PC80台、サーバ5台、プリンタ15台、複合機5台)

省電力ソリューション

構成例 ブレードサーバ、資産管理ソフト「QNDα」、サーバルーム熱環境評価ソリューション
削減効果 PCディスプレイ、ハードディスク、システムの休止時間を資産管理ソフトにより強制設定。またサーバの集約を図り、サーバルームの熱効率を上げることにより、消費電力を25%削減。
価格 300万円~

ペーパーレスシステム

構成例 複合機、文書管理システム「VisualFinder」、導入支援コンサルティング
削減効果 複合機からの出力を両面率20%、集約率10%に設定することで紙排出量を25%削減。
価格 180万円~

廃棄物管理ソリューション

構成例 生産管理システム「CORE-Chain」グリーン調達オプション、MAたのめーる、トナーセービングシステム
削減効果 「たのめーる」と生産管理システムを連携し、環境対応商品の購入における部署毎の購買状況を把握することで、環境に配慮した製品の購入率を10%向上。さらにトナーセービングシステムを導入することで、トナー排出量を強制的に30%削減。
価格 380万円~

関連リンク

http://www.otsuka-shokai.co.jp/ods21/


*文中に記載の製品名等固有名詞は各社の登録商標または商標です。


お客様お問い合わせ先
株式会社大塚商会 ODS・CTIプロモーション部
電話:03-3514-7650 FAX:03-3514-7651
お問い合わせフォーム

ここまで本文です。

このページの先頭へ