ここから本文です。

大塚商会と日本HPが短時間で手軽にSANソリューションを
体験できる「EVAコミュニケーションセンター(ECC)」を設立

―中堅・中小企業向けストレージ事業を強化―

平成20年6月18日 第2017号

株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 裕司 以下、大塚商会)と日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は本日、HP製ミッドレンジディスクアレイ「HP StorageWorks Enterprise Virtual Array」(以下、「HP StorageWorks EVA」)を中核とする中堅・中小企業向けSAN(Storage Area Network)ソリューションを体験できる「EVAコミュニケーションセンター」(以下、ECC)を大塚商会本社ビル内に設立します。

IT化が進み電子メール、画像、文書などの電子データは増大する一方です。企業システム担当者は、データのバックアップを始めとするデータ管理を、高速かつ効率よく集中管理することが求められています。そのため、分散しているサーバのハードディスクを共有して一元管理ができ、信頼性に優れているSANソリューションへの注目度が高まっています。一方で、SANソリューションの良さを体感できる場が欲しいとの声を中堅・中小企業から多数いただいておりました。

こうしたお客様のご要望にこたえるため、大塚商会と日本HPは、中堅・中小企業のシステムご担当者様が気軽に短時間でSANソリューションのメリットを体験いただける「EVAコミュニケーションセンター(ECC)」を設けました。ECCでは、大塚商会のこれまでのSANソリューションの導入ノウハウと、操作性と管理性に優れたHPの「HP StorageWorks EVA」とを組み合わせ、実機でわかりやすくSANソリューションをご紹介します。また、ディスク容量不足など日常のディスク管理で実際に起こりうる状況に応じた、サーバ運用やデータバックアップなど複数のデモンストレーションを用意しています。また、時間もひとつのデモンストレーションがそれぞれ10分~15分と短くなっており、ご担当者様のご希望にあわせてデモの組み合わせを自由に選ぶことも可能です。

大塚商会と日本HPは、ECCでの活動を通じて、これまでの販売体制をさらに強化し、大塚商会は2010年までに年間300台の販売を目指します。また、2007年国内外付型ディスクストレージ市場の台数シェアNo.1を誇る日本HP(※1)は、中堅・中小規模市場での販売体制を強固にし、金額シェアでもトップを目指します。

(※1)出典:IDC Worldwide Quarterly Disk Storage Systems Tracker CY08 Q1

「EVAコミュニケーションセンター」(ECC)の概要

ECC所在地 大塚商会 本社ビル内
ECCご利用方法 Webサイトから予約することができます。大塚商会、日本HP両社の技術者が対応し、実演やSANソリューションについて、ご担当者様の疑問などにお答えいたします。
URL http://campaign.otsuka-shokai.co.jp/eva/

EVAコミュニケーションセンター

「EVAコミュニケーションセンター」でご覧いただけるデモンストレーション

  • EVAの新世代RAIDテクノロジーが実現するメリット解説(15分)
    管理者の負担を劇的に軽減しながらも、最適なストレージ環境を構築できるEVAのメリットを解説します。
  • デモ環境(構成機器)のご紹介(10分)
    デモ環境のご紹介を通して、EVAで構築するSAN環境に必要なサーバ、SANスイッチなどの関連機器をご確認いただきます。
  • 論理ディスクの新規作成からサーバへのマウントまでの実演(10分)
    新規サーバの導入を想定し、論理ディスクの新規作成からサーバマウントまでに必要な手順を実演いたします。ブラウザで動作する管理画面での操作方法もご覧いただけます。
  • 使用量不足時のオンラインでの容量拡張の実演(10分)
    サーバにマウントされている論理ディスクの容量をオンラインで拡張するデモと、RAID装置にハードディスク増設をオンラインで実施するデモンストレーションをご覧いただけます。
  • ストレージ機能によるコピー作成の実演とバックアップ運用への適用用法(10分)
    EVAによるデータコピーの作成の実演と、バックアップ運用への適用方法について解説します。
  • BladeシステムとEVAの組合せによるサーバインフラの効果的な運用方法(10分)
    HP Bladeサーバによる運用管理の容易さと、EVAによるストレージ管理の容易さを組合せることによる相乗効果について解説します。

お客様お問い合わせ先
株式会社大塚商会 テクニカルプロモーション部
ハードプロモーショングループ
電話:03-3514-7588
お問い合わせフォーム

ここまで本文です。

このページの先頭へ