ここから本文です。

グリーンITと利便性に配慮したデータセンターを
秋葉原に開設

―都内ハウジング需要と環境対策ニーズに応える―

平成20年6月26日 第2020号

ソリューションプロバイダの株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚裕司)は、平成20年7月1日より、都内のデータセンター不足解消や環境配慮へのニーズに応える新たなデータセンターとして第4センター(秋葉原)を開設いたします。

当社は、環境保全を経営の最重要課題のひとつとして位置づけています。またグリーンITの観点から、「省電力サーバやブレードサーバ導入による省電力化」「仮想化の技術を利用した機器の絶対数の削減」などのデータセンターソリューションを積極的に推進してまいります。

近年、需要の急増により、都内におけるデータセンター使用率は8~9割に達しており、データセンタースペースは慢性的な不足傾向にあります。その一方で、IT機器の電力消費量は増加し続けており、環境への影響が懸念されています。

そこで、都内のデータセンター需要に応えるべく、交通アクセスに優れた秋葉原にデータセンターを開設します。当センターは、グリーンITのもと省電力機器を中心としたデータセンターの構築により、センター消費電力量を従前に比べ約15%減少することを目標にします。また、お客様も当センターを利用していただくことで省電力化によるCO2削減を実現し、環境負荷削減に取り組む企業として、その姿勢を示すことができます。

第4センター(秋葉原)の特長

環境に配慮した設計

  • ブレードサーバにも対応することでシステム集積率を向上させ、1社あたりの電源利用量を削減します。
  • 低電力機器の採用によりデータセンター自体の電力消費量も抑えています。
  • 排熱効率を最大限に活かしたフロアを提供します。

緊急・障害時にすぐ駆けつけられる立地

  • 利用企業が集中しているアクセスの良い秋葉原の環境を提供します。

「IX(インターネット・エクスチェンジ)(※1)」の利用

  • IXに近いところでシステムを構築する環境を提供します。これにより様々なISPと高速で通信をすることができます。

(※1)複数のインターネット・サービス・プロバイダ(ISP)や学術ネットワークを相互に接続するポイント

企業層を問わず、お客様のシステム規模に合わせたラックスペース提供(1/4ラックから提供)

  • ラック金額: 1/4ラック 85,000円~/月

システム導入からサポートまで大塚商会がワンストップで提供可能。

フロア面積: 1,134m2

関連リンク

インターネットデータセンター(iDC)


お客様お問い合わせ先
株式会社大塚商会 Eビジネスプロモーション課
電話:03-3514-7719 FAX:03-3514-7564
お問い合わせフォーム

ここまで本文です。

このページの先頭へ