ここから本文です。

デジタル複合機とSFAの連携ソリューションを発売

―複合機から読み込んだ情報を直接、アプリケーションに取り込む―

平成20年9月10日 第2027号

株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 裕司)と株式会社リコー(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員:近藤 史朗)が協力パートナー8社と運営している「MFP(※1) 連携ソリューション・パートナー会」は、デジタル複合機とSFA(営業支援システム)を連携するソリューション「ファイルアタッチ for SIOS Applications」の提供を2008年9月19日に開始します。本ソリューションはMFPを活用し、企業の営業活動およびプロジェクトにおける作業工数を削減するとともに、紙資料を「見せる」「知らせる」ための情報として効率よく管理することが可能となります。

通常、SFAやプロジェクト管理システムで営業情報などをパソコンから入力する際に、紙の資料を登録するには、内容をキーボードから手入力するため、手間と時間がかかっていました。
そこでMFPのスキャナ機能を使い、紙資料や手書き資料をアプリケーションで管理している顧客情報あるいはプロジェクト情報に、イメージデータとして添付し、統合的に管理できるようにしました。また、添付する際の操作は全てMFPだけで行うことが可能ですので、スキャナで読み込んだデータをパソコンのアプリケーションで登録し直すなどの手間がかかりません。

「ファイルアタッチ for SIOS Applications」は、リコー製MFPとサイオステクノロジー株式会社製営業支援システム「Sales Force Automation+」、プロジェクト管理ツール「ProjectKeeper Professional」を連携させたソリューションです。大塚商会およびリコーの協力のもと、サイオステクノロジーが開発し、大塚商会やリコーグループの販売会社が販売します。

(※1)MFP:Multi-Function Printerの略。プリンタとスキャナ、コピー、FAXなどの機能を兼ねる多機能プリンタ。複合機。

デジタル複合機とSFAの連携ソリューション

「ファイルアタッチ for SIOS Applications」標準構成

Sales Force Automation+、ファイルアタッチ for SIOS Appliations、imagioMFPシリーズ
価格:280万円~(税抜き)

「MFP連携ソリューション・パートナー会」について

顧客価値の更なる拡大を目指し、業種・業務に精通した、夫々の分野で強みを持つITベンダーのノウハウを結集させ、複合機とシステムを有効に連携するシステムを開発することで、お客様のニーズにより幅広くお応えしていくことを目的としています。

MFP連携ソリューション・パートナー会参加企業(社名50音順)

  • ウイングアークテクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区 代表取締役:内野 弘幸)
  • NECマグナスコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区 代表取締役執行役員社長:小野寺 徳雄)
  • 株式会社OSK(本社:東京都墨田区 代表取締役:宇佐美 愼治)
  • サイオステクノロジー株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:喜多 伸夫)
  • サイボウズ株式会社(本社:東京都文京区 代表取締役:青野 慶久)
  • JFEシステムズ株式会社(本社:東京都墨田区 代表取締役社長:岩橋 誠)
  • 株式会社ハイパーギア(本社:埼玉県さいたま市 代表取締役:本田 克己)
  • メディアドライブ株式会社(本社:東京都目黒区 代表取締役:松村 博)
  • 株式会社リコー
  • 株式会社大塚商会

お客様お問い合わせ先
株式会社大塚商会 ODSプロモーション部
電話:03-3514-7650 FAX:03-3514-7651
お問い合わせフォーム

ここまで本文です。

このページの先頭へ