ここから本文です。

大塚商会、中堅中小企業に対し、
EMCストレージ製品群の導入サービスを開始

~NASの販売、設計、設定までをワンストップで提供~

平成21年1月21日 第2103号

EMCジャパン株式会社(略称:EMCジャパン、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:諸星 俊男、URL: http://japan.emc.com/ )と、株式会社大塚商会(略称:大塚商会、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 裕司、URL: http://www.otsuka-shokai.co.jp/)は、2009年1月21日、中堅中小企業向けビジネス強化において、EMCジャパンのパートナー販売支援プログラムを拡張し、大塚商会が、EMCジャパンの中堅中小企業向けストレージ製品群の導入・設計サービスを開始すると発表しました。

この拡張で大塚商会は、EMCジャパンの技術認定資格「ASNi(Authorized Service Network Implement:オーソライズド・サービス・ネットワーク・インプリメント)(※1)」を取得しました。これは、専門的な技術を必要とするディスクの構成、パフォーマンスの最適化、バックアップなどの設計作業の技術レベルが評価されたものです。

これにより、中堅中小企業のビジネスにおいても今後不可欠であるファイル共有の専用機「NAS(ネットワーク接続型ストレージ)製品」の販売から設計・設定までの、複数プロセスを一元化し、高い技術で提供することができます。

EMCジャパンと大塚商会は、昨年7月にパートナー販売支援プログラム「Velocity(ヴェロシティ)パートナー・プログラム(※2)」の販売契約をしており、日本全国に順調にビジネスを展開しています。今回取得した技術レベルの認証は、EMCの構築手法に基づくサービスを提供できる証であり、お客様にとって、より安心してサービスの発注ができる判断材料となります

今後も両社は、確実なデータ保全を実現するEMCの戦略機である「EMC(R) CelerraTM NS20」や、「EMC Celerra NX4」などでお客様のビジネス要件を満たしていきます。

(※1) ASNi(Authorized Service Network Implement:オーソライズド・サービス・ネットワーク・インプリメント)
EMCの技術スキルを習得し、EMCの構築手法を活用してお客様へ構築サービスを提供できるパートナーに付与された認証。

(※2) Velocity(ヴェロシティ)・パートナー・プログラム
EMCの様々な販売パートナーが、希望のビジネス・モデルの範囲内で提携できるように設計されたプログラム。パートナーの貢献度に応じて支援策や報奨制度が決定。

導入・設計支援サービスについて

サービス概要 お客様の要件(環境・データ量・可用性など)をヒアリングし、最適なNASシステムの設計・設定作業を行います。
対象製品 EMC製Celerra NS20、Celerra NX4
価格 100万円~(税別)

EMCジャパン株式会社について

EMCジャパンは、あらゆる規模の顧客が、競争優位に立ち、情報からさらなる価値を創出することを可能にするために、情報インフラストラクチャ・テクノロジーとソリューションを開発、提供する世界のリーディング・カンパニーであるEMCコーポレーションの日本法人です。EMCの製品やサービスに関する情報については、以下のWebサイトをご参照ください。

http://japan.emc.com

株式会社大塚商会について

コンピュータ、複写機、通信機器、ソフトウェアの販売および受託ソフトの開発等を行うシステムインテグレーションと、サプライ供給、保守、教育支援等のサービス&サポートを提供するソリューションプロバイダ。ストレージ・ソリューションについても多くの顧客への導入実績を持つ。


お客様お問い合わせ先
株式会社大塚商会 テクニカルプロモーション部
電話:03-3514-7582 FAX:03-3514-7564
お問い合わせフォーム

ここまで本文です。

このページの先頭へ