ここから本文です。

大塚商会、サイオスがオープンソースソフトウェアの
活用によるサーバー移行包括支援サービスを提供開始

―UNIXからLinux、OSSを活用した環境への移行、構築、運用、管理によるコスト削減を支援―

平成21年9月17日 第2137号

ソリューションプロバイダの株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:大塚裕司 以下、大塚商会)とサイオステクノロジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:喜多伸夫、以下、サイオス)はUNIXシステムを利用している企業のお客様を対象に、サーバー移行包括支援サービスの提供を開始します。両社は、今後3年間で本サービスの30社への導入を目指します。

本ソリューションは、UNIXからIAサーバーへのシステム移行を商用ソフトウェアとLinuxを代表とするオープンソースソフトウェア(以下、OSS)を活用し、企業システムを構築する事で、企業のIT投資コストを削減、IT投資効果の最大化をはかります。

大塚商会は、独立系システムインテグレーターとして、特定のベンダーに依存せず、顧客企業のニーズに最適なハードウェア(IAサーバー、ストレージ、ネットワーク機器など)及び各種商用ソフトウェアを提供、またサイオスは豊富なOSSに関する技術、ノウハウを提供。両社が連係することにより、OSSならびに商用ソフトウェアを適材適所で組合せた、最適なシステムの移行、構築・運用・保守サービスを提供いたします。

本サービスにより、IAサーバー、オープンソースを活用したシステムの構築では、従来のUNIX環境での同システム構築に比べ、システムの導入、運用、管理コストを大幅に削減することができます。例えば、データベースとアプリケーションサーバーをOSSにて構成した場合、コストを5年間で最大1/5まで削減できます。

サーバー移行包括支援サービス概要

  • コンサルティング
    基本構想、システム提案、移行スケジュールなどをコンサルティングいたします。
  • システム開発
    データ移行の検証、アプリケーションの開発などを行います。
  • 構築
    システムのインストール、設定など導入を行います。
  • 運用
    ハードウェア、ソフトウェア保守、システム利用のための研修などを行います。

関連リンク


お客様お問い合わせ先
株式会社大塚商会 ソフトウェアビジネス推進課
電話 : 03-3514-7566

ここまで本文です。

このページの先頭へ