ここから本文です。

平成21年12月期 第3四半期 決算の概況

平成21年10月29日 第2148号

株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 裕司)は、平成21年12月期第3四半期連結累計期間(平成21年1月1日~平成21年9月30日)の決算の概況を発表します。

平成21年12月期 第3四半期連結累計期間(平成21年1月1日~平成21年9月30日) 決算の概況について

当第3四半期連結累計期間(平成21年1月1日~平成21年9月30日)におけるわが国経済は、輸出の増加や在庫調整の進展により生産の復調が続き、緩やかな景気回復期に入り始めたものの、内需の低迷で回復力が弱く、雇用情勢の悪化や設備投資の減少が続き、景気は厳しい状況で推移しました。

このような中で当社グループは、「ITでオフィスを元気にし、お客様の信頼に応える」を平成21年度のスローガンに掲げて、コスト削減、生産性向上、競争力強化等のお客様のニーズにマッチしたシステム提案を積極的に行いました。また、オフィスサプライ通信販売事業「たのめーる」では「たのめーる開設10周年記念キャンペーン」やカタログの秋冬号において約1,600品目の値下げを実施し、売上ボリュームの拡大に努めました。この他、地球環境に優しいLED照明等の新規ビジネスにも注力しましたが、当第3四半期連結累計期間の売上高は、企業のIT投資抑制や経費削減の影響を受けて3,219億23百万円(前年同期比9.8%減)となりました。

利益につきましては、売上総利益が減少し販売費及び一般管理費の削減に努めましたが、営業利益は122億26百万円(前年同期比43.9%減)、経常利益は124億67百万円(前年同期比43.9%減)、四半期純利益は68億93百万円(前年同期比43.4%減)となりました。

以上の結果、平成21年12月期 第3四半期決算の概況は以下のとおりです。

表1 平成21年12月期第3四半期の経営成績(平成21年1月1日~平成21年9月30日)

《連結》 平成21年12月期第3四半期
金額(百万円) 対前年増減率(%)
売上高 321,923 △9.8
内訳 システムインテグレーション事業 170,970 △17.4
サービス&サポート事業 149,604 +0.9
その他の事業 1,348 △13.5
営業利益 12,226 △43.9
経常利益 12,467 △43.9
四半期純利益 6,893 △43.4
《単体》
売上高 301,504 △9.7
営業利益 11,036 △45.8
経常利益 11,568 △44.8
四半期純利益 6,609 △43.2

※ 当年度は四半期報告制度の導入初年度であるため、対前年増減率には前年同期の参考値を用いています。

平成21年2月3日に公表しました通期業績予想に変更はありません。

その他詳細資料につきましては、弊社ホームページに掲載いたしますのでご覧下さい。
http://www.otsuka-shokai.co.jp/ir/

ここまで本文です。

このページの先頭へ