ここから本文です。

紙文書の電子化データ利用を促進する
電子文書変換ソリューションを提供

―スキャンした紙文書をワードやエクセル形式に簡単変換、業務システムとも連携―

平成21年12月7日 第2152号

ソリューションプロバイダの株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:大塚裕司 以下、大塚商会)とサイオステクノロジー株式会社 (本社:東京都港区 代表取締役社長:喜多伸夫 以下、サイオス)は、平成22年1月25日より、複合機のスキャナ機能を利用し、紙文書を編集可能な電子文書へ変換するソリューションを提供します。 本ソリューションは、株式会社リコー製複合機にスキャナ登録作業を可能にするサイオス製ソフト「Quickコンバート」を搭載し、大塚商会が導入支援、保守サービスを行うもので、初年度は600社への導入を目指します。

「Quickコンバート」を利用すると、スキャナ機能で文書を電子化する際に、データとして編集可能な形(Word、 Excel、 PowerPointなどMicrosoft Officeをはじめとする各種フォーマット)に変換することができます。これにより、紙文書の電子化による文書の保存、配布に留まらず、電子文書へ変換されたデータの利用方法が大きく広がります。電子化された文書はデータとして、グループウェアや業務システムなどのアプリケーションへ取り込むことも可能で、大幅な業務効率向上が図れます。

今回、Quickコンバートによって変換されたデータを取り込むことのできるアプリケーションは、名刺管理や当て込み印刷などができる「やさしくシリーズ」(メディアドライブ株式会社)があり、今後、株式会社OSK製「eValueNS」などアプリケーションを随時増やしていく予定です。

また、大塚商会が提供する導入支援サービスでは、企業における電子化の目的と現状業務を把握し、その環境や業務・運用方法に合わせたシステムの導入や運用について指導を行います。これらにより、個々の企業の業務形態に即した運用が可能となり、オフィスのデジタル化推進と業務効率の向上が可能となります。

[Quickコンバート概要図] 1.紙の文書をコピー感覚でスキャン 2.ファイル形式と送信先を指定 3.送信先PCへ指定ファイル形式で自動保存

スキャナソリューション構成

「Quickコンバート」  98,000円(税別)
導入支援サービス 50,000円~(税別)
たよれーるQuickコンバート保守 MFP1台につき 10,800円/年間(税別)
別途MFP保守が必要となります。
対応MFP imagio MP C7500 / C6000
imagio MP 9001 / 7501 / 6001
imagio MP 5000 / 4000/ 3350 / 2550
imagio MP C5000 / C4000 / C3300 / C2800 / C2200
※対応機種は順次拡大予定

※本ソリューションに複合機は含まれません。

関連リンク

Quickコンバート

サイオステクノロジー株式会社


お客様お問い合わせ先
株式会社大塚商会 エリアプロモーション部
電話:03-3514-7625 FAX:03-3514-7626
お問い合わせフォーム

ここまで本文です。

このページの先頭へ