ここから本文です。

紙文書を編集可能なPDFへ変換する
MFP活用ソリューションを提供

―複合機連携のソフトウェアを共同開発し、PDF活用の幅を広げる―

平成23年3月8日 第2308号

株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:大塚裕司 以下、大塚商会)、株式会社ジャストシステム(本社:徳島市川内町 代表取締役社長:福良伴昭 以下、ジャストシステム)およびサイオステクノロジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:喜多伸夫 以下、サイオス)は、紙文書を編集可能なPDFへ変換するMFP活用ソリューションを開発しました。

変換されたPDFファイルは指定されたパソコンのフォルダに登録され、PDFソフトで、すぐに編集作業やセキュリティ設定などが行えます。複合機とPDFソフトを連携させることで、今まで個々で行っていた作業を一連の作業として実施でき、PDF変換、編集にかかる工数を軽減します。これにより、文書の閲覧用としてのPDFだけではなく、取引先との間の編集作業といった場での利用も手軽に行うことができ、PDFの活用の幅を広げます。

本ソリューション開発に際し、大塚商会の多くの複合機導入実績から得た活用ノウハウを元に、MFP(複合機)のスキャナ機能を利用して紙文書をPDFに変換するサイオスのソフト「Quickコンバート」とジャストシステムのPDFソフト「JUST PDF 2 [作成・編集]」の連携を3社共同で実現しました。大塚商会がMFPと組み合わせて販売、導入支援を行い、初年度は300社への導入を目指します。

大塚商会が提供する導入支援では、お客様の環境や業務に合わせた運用方法を検討し、電子化の具体的な作業の流れを提案します。その上で効率よく電子化し、電子データの有効活用を支援します。本ソリューションで電子化したPDF文書は、背景に「社外秘」「回覧」「コピー」などのすかし文字の挿入や、閲覧パスワードや印刷制限などのセキュリティ設定が可能なので、情報漏えい対策をしながら、文書の共有が行えます。また、閲覧したいページにジャンプできる「しおり」機能、付箋紙のようにメモ書きをする「ノート」機能により、文書の確認や修正を共同で行う場合でも作業をスムーズに進めることができます。

MFP活用ソリューション概要

価格 152,200円~(税別)
パッケージ内容
  • 「Quickコンバート」
  • 「JUST PDF 2 [作成・編集] for Quickコンバート」
  • 導入支援サービス(スキャナ活用支援サービス)
※別途リコーMFPが必要です。対応機種は大塚商会担当営業にご相談ください。
発売予定日 2011年3月23日

利用イメージ図

MFP活用ソリューション概要利用イメージ図

お客様お問い合わせ先
株式会社大塚商会 エリアプロモーション部
電話:03-3514-7625 FAX:03-3514-7626
お問い合わせフォーム

ここまで本文です。

このページの先頭へ