ここから本文です。

IPv6を利用してインターネットVPNを効率化

専任管理者不要のIPv6VPNの構築・運用管理サービスを提供 

平成24年1月26日 第2405号

ソリューションプロバイダの株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚裕司)は、ルータの運用監視サービス「FMS」の新サービス『FMS/YAMAHA IPv6VPNサービス』を平成24年2月1日より開始します。IPv6を利用してインターネットVPNの構築・運用管理を行い、VPN通信の最適化と通信経路のバックアップ的な運用が可能です。

24時間365日の稼働監視に加え、必要に応じて当社が遠隔操作で設定変更なども行います。ルータ機器の手配、細かい設定や動作状況の確認などをすべてアウトソーシングすることで、専任の管理者がいない企業でも安心してご利用いただけます。

多くの企業で、拠点間の通信を低コストで行うインターネットVPNが使われています。しかし年々増大する通信量による通信速度の低下が課題になってきています。

『FMS/YAMAHA IPv6VPNサービス』では、インターネットVPNの構築にIPv6 IPoE方式を利用します。これによりインターネット網を経由しないでフレッツ網(NGN)内でダイレクトに通信することができ、インターネット網を経由するIPv4に比べて効率的な通信による通信速度の高速化を図れます。

一方で、IPv6 IPoE方式は、VPN機器に割り当てられたIPv6アドレスが運用中に変更になる事があり、その場合、VPN機器の設定変更が必要となります。そこでアドレス変更が発生したときには、当社監視センターで検知しリモートで機器の設定変更を行います。また変更設定が終了するまでは、冗長機能により通信を継続します。

小規模拠点向けVPNルータ

FMS/YAMAHA IPv6VPNサービスの特徴

  • IPv6VPNルータの24時間自動監視および障害時の企業担当者への通報を行います。
  • IPv6VPNルータ障害時の代替機交換を当社技術者が現地にて行います。
  • IPv6のアドレスが変更になった場合、リモートでVPN接続先の変更を行います。
  • IPv6VPNルータをレンタルいたします。
  • 利用環境に合わせ、導入時の初期設定および現地での設置作業を行います。

サービス概要

価格(税別)

タイプ月間料金
FMS/YAMAHA RTX120014,000円
FMS/YAMAHA RTX8106,800円

*別途初期費用が必要です。

販売目標

初年度1000件

測定データ

122MBと269MBのファイルをダウンロードした実測値

122MBと269MBのファイルをダウンロードした実測値

*IPv4とIPv6を同じVPN環境で利用した実測測定した値です。実際の環境では測定値と異なる可能性があります。

対応プロバイダαWeb
対応回線NTT東日本・NTT西日本が提供する「フレッツ 光ネクスト」および「フレッツ・v6オプション」

*NTT東日本、西日本を越える通信ではNGN網内での折り返し通信は行えないため、通信速度の高速化は期待できません。

関連リンク


お客様お問い合わせ先
株式会社大塚商会 ゲートウェイプロモーション課
電話:03-3514-7563 FAX:03-3514-7564
お問い合わせフォーム
ここまで本文です。

このページの先頭へ