ここから本文です。

リアルタイムに閲覧権限を設定
PDF文書のセキュリティを強化するASPサービスを開始

導入コストを抑え、外部とのやりとりを安全に

平成25年10月24日 第2517号

ソリューションプロバイダの株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚裕司)は、電子文書セキュリティを強化するASPサービス『たよれーるPDFセキュリティサービス』を平成 25年11月1日から開始します。月額20,000円(税別、10ユーザ)で、コストを抑えた運用を可能にし、情報漏えい対策、コンプライアンス対策として活用できます。

『たよれーるPDFセキュリティサービス』は、新規・既存のPDF文書に対して、<閲覧期限の設定>、<ログの取得>、<文書配布後の参照権利のはく奪>などのセキュリティを追加します。お客様は、アドビシステムズ社のPDF閲覧ソフトAdobe(R) Reader(R)があれば、特別な暗号化ツールなどをパソコンに入れなくても、すぐに本サービスをご利用いただけます。

PDFは閲覧環境に依存しない電子文書フォーマットとして、企業でも幅広く活用されています。

一方で、PDFの通常のセキュリティ設定では、操作ミスによるパスワード漏えい、悪意のある第三者による情報漏えいなどが発生する可能性があります。また、プロジェクトで閲覧権限があった人が異動後でも閲覧できてしまったり、PDF文書が更新されたにも関わらず自分のPCなどに引き取った古い版をもとに作業工程を進めてしまい、大幅な後戻りが発生する、といった課題もありました。

本サービスの利用によりお客様は、PDFファイルに閲覧期限を設定できるだけでなく、閲覧権限の即時はく奪などで、退職者や取引の終了した企業などによるデザインや図面、その他の重要な情報の持ち出しを防ぐほか、閲覧、印刷ログなども取得できます。

また、通常はPDF文書へのセキュリティ付与に際して、本サービス上にファイルをアップロードしてセキュリティを付与し、ダウンロードして保存するという操作を行いますが、Adobe(R) Acrobat(R)を併用すれば、大容量のファイルや機密性の高いファイルを本サービス上にアップロードすることなく、パスワード暗号化と同様の操作でセキュリティを付与することが可能です。

たよれーるPDFセキュリティサービス 概要図

サービス名

たよれーるPDFセキュリティサービス

発売日

平成25年11月1日

動作環境

OS Microsoft Windows XP(32bit版)
Windows Vista(32bit版)
Windows 7 (32bit版 / 64bit版)
Mac OS X 10.5 以降

(*)いずれも日本語表示が可能な環境が必要です。

Webブラウザ Microsoft Internet Explorer 6 / 7 / 8 / 9 / 10 (Windows版のみ)
Safari バージョン5.0以降 (Mac OSX版のみ)

(*)いずれもJava Scriptが実行可能な環境が必要です。

Flash(R) Player Adobe(R) Flash(R) Player 10 以降

主な機能

利用権限の制御

ユーザ/グループ単位で文書の利用権限を制御することが可能です。

利用権限の制御

有効・無効の制御

任意のタイミングで文書を無効化し、利用を終了させることが可能です。

有効・無効の制御

透かしの付与

閲覧者名や取り扱い上の注意点などの文字列を、文書に埋め込むことが可能です。

透かしの付与

監査ログの取得

文書の利用状況を確認することが可能です。

透監査ログの取得

たよれーる PDFセキュリティサービス 価格(税別)

サービスメニュー 月額費用 初期費用
Standardタイプ 10ユーザ基本パック 20,000円 30,000円
Standardタイプ 追加10ユーザ 15,000円 -
Standardタイプ 追加50ユーザ 70,000円
Standardタイプ 追加100ユーザ 130,000円

(*)契約は最低10ユーザより
(*)本サービスは、キヤノンMJ ITグループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:浅田和則)が提供する『PDFPolicy Service』を利用しています。

たよれーる どこでもキャビネットとの相乗効果

大塚商会が提供しているマルチデバイスに対応したオンラインストレージサービス「たよれーるどこでもキャビネット」を利用することで、「たよれーるどこでもキャビネット」上に保存されたPDFデータとも連携し、相互に機能を補完します。

PDFセキュリティサービス どこでもキャビネット
ドキュメント共有機能 ×
ドキュメント送信機能 ×
アクセス権の制御
ファイルがどこに保存されていても
利用権限を制御可能

ダウンロードしたファイルの
アクセス権は制御できない
有効・無効の制御
失効・有効期限の管理が可能
×
操作ログの確認
ファイルがどこに保存されていても
操作ログを確認可能

ダウンロードしたファイルの
操作ログは確認できない

関連リンク


お客様お問い合わせ先
株式会社大塚商会 
マーケティング本部 ライセンス課
電話:03-3514-7560
お問い合わせフォーム
ここまで本文です。

このページの先頭へ