ここから本文です。

広告・SI業界等に特化した
サービス業向けプロジェクト管理ソリューションを提供開始

業界特有の商習慣に柔軟に対応したテンプレートを開発

平成26年3月25日 第2608号

ソリューションプロバイダの株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:大塚 裕司)は、サービス業のプロジェクト管理ソリューションを平成26年3月28日より提供開始します。

本ソリューションは、広告やSI、コンサルティング業界に特化したテンプレート「Project Director(プロジェクト・ディレクター)」を新たに開発し、中堅・中小企業様向け販売管理システム「SMILE BS 2nd Edition 販売」と組み合わせたものです。独自開発のテンプレートにより、お客様は自社に適合するシステムを、フルスクラッチ構築に比べて約半分の期間とコストで構築することができ、スピードの早いビジネススタイルの変化にも対応でき、機会損失を防ぎます。

広告会社やシステムインテグレータ、コンサルティングのようなサービス業の場合、付加価値の高い無形商品・役務・サービス提供を行うため、複数にまたがる部門やスタッフが多く関わります。そのため、個人に依存した属人的、形式的な業務に陥りやすく、プロジェクトとしての部門間連携や進捗、収支などの一元管理が課題となっています。

本ソリューションは、プロジェクト案件の見込発生段階から入金、支払いまでの一連の業務を一元管理し、リアルタイムな進捗把握や適切な収支管理が行えます。また、独自項目の追加や帳票のレイアウトの設定などお客様の実務にあわせた柔軟性・拡張性の高い運用が可能で、さまざまな商品・サービス特性に合わせた取り引きルールや、請求・支払等に関する業界特有の商習慣に対応します。

テンプレート『Project Director』 の特長

案件の状態が一目で把握でき、手配漏れや納期遅れを未然に防ぐことができます

コックピット画面(案件ポータル)で、案件全体の進捗状況・収支状況をリアルタイムに把握することができ、手配漏れや納期遅れを未然に防ぐことができます。

プロジェクトの収益確保をサポートします

案件・プロジェクトの収支に関する当初予定と、進捗中の着地見込み、終了後の最終結果をモニタリングすることにより、プロジェクト収支の改善が期待できます。

さまざまな角度から、売り上げや利益の実績・予測を把握できます

プロジェクト、案件、売り上げ明細、部門、得意先など、さまざまな角度から、売り上げや利益の実績・予測を把握することができます。

SMILE BS2をベースに、柔軟性・拡張性の高い効率的な業務処理を実現します

「SMILE BS 2nd Edition」シリーズ共通のプラットホームにより、お客様ごとに管理したい独自項目の追加や、実務に合わせた帳票レイアウトの設定など、柔軟性・拡張性の高い運用が可能です。また、簡易BIツールや開発ツールを活用することにより、業務に合わせた入力画面設計、帳票作成など、より自由度をもった運用が可能です。

ワークフロー連携にて、安全・正確・透明性を高めることができます

「eValue NS 2nd Edition ワークフロー」と連携することで、各種伝票の登録を、上長の承認を得てから進めることができます。入力ミスや改ざん、権限を越えた処理を防止し、安全・正確・透明性を高めることができます。


大塚商会は、今後もさまざまな業種・業態に対応したソリューション展開とテンプレート開発によって、システム導入に関わるコストと期間を削減するとともに、お客様の生産性向上とビジネスの成長を支援してまいります。

Project Director 案件ポータル画面

Project Director 案件ポータル画面

ソリューション価格(税別)

ソリューション名 価格
サービス業向けプロジェクト管理ソリューション(注1) 340万円~
専用テンプレート『Project Director』(注2) 240万円~
Project Director ワークフロー連携オプション(注3)(平成26年5月末発売予定) 50万円

(注1)『SMILE BS 2nd Edition 販売 スタンダードモデル』、『Project Director』で構成。
(注2)すでに『SMILE BS 2nd Edition 販売 スタンダードモデル』をご利用のお客様向け。
(注3)『eValue NS 2nd Edition ワークフロー』(価格:100万円~)が別途必要です。

販売目標

『Project Director』で20本/年間


(*)「SMILE BS 2nd Edition 販売」「eValue NS 2nd Edition ワークフロー」は、株式会社OSK(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:宇佐美 愼治)開発のパッケージ製品です
(*)「Project Director」は、株式会社アート・システム(本社:宮城県仙台市 代表取締役社長:鈴木 博幸)がOSK、大塚商会と協力して開発しました。

関連リンク

お客様お問い合わせ先
株式会社大塚商会
システムプロモーション部 営業支援1課
電話:03-3514-7565 FAX:03-3514-7867
お問い合わせフォーム
ここまで本文です。

このページの先頭へ