「たよれーる EasySOC for FortiGate」サービスを開始

インターネットの脅威に対応するセキュリティ分析サービス

平成28年5月31日 第2816号

ソリューションプロバイダーの株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚裕司)は、サイバー攻撃の検出と分析、対応策のアドバイスを行うセキュリティ・オペレーション・センター(Security Operation Center:SOC)サービスである「たよれーる EasySOC for FortiGate」サービスの提供を平成28年6月1日より開始します。

昨今、国内では標的型攻撃による被害が多発する中、被害を最小限に抑えるために攻撃を早めに検知し必要な対応を行う必要があります。一方、ファイアウォールの運用ではセキュリティレベルの維持が適切に行われていないといった運用上の課題も顕著になっています。特に中堅・中小企業では、製品に精通したエキスパートがいないため、セキュリティインシデント発生時の対応や、機器のセキュリティ設定の変更などが迅速、的確にできない状況が見受けられます。

これら課題を解決するために企業のネットワーク機器やデバイスを監視して、標的型攻撃の検出、分析、対応策のアドバイス支援を行うSOCサービスがありますが、大規模企業を対象とした高額なサービスが主流で、中堅・中小企業では利用が進んでいない状況です。

大塚商会では、監視する機器を統合脅威管理(UTM)アプライアンス分野で広く普及しているFortiGateに絞り利用価格を低価格に抑え、クライアント台数50台規模の中堅・中小企業でご利用いただけるようにしました。

当社から提供する「たよれーる EasySOC for FortiGate」は、FortiGateのログを収集し、重要度の高い事象が発生した可能性があると判断した場合には、通知メールをお客様宛に送信します。また、収集したログは月次で分析し、ご利用企業にレポートとして提供します。FortiGateで検知したセキュリティインシデントの概況、詳細を可視化しているため、セキュリティ設定の適切な見直しも可能となります。通知メールや月次レポートに対する電話窓口も設け、お客様からのご質問にも柔軟に対応します。

さらに管理者のいないお客様向けに設定変更等のオンサイト対応サービス(別途有償)などと組み合わせてご利用いただくことで、企業におけるファイアウォール機器の適切な運用を実現することができます。

「たよれーる EasySOC for FortiGate」サービスは初年度1,300件の販売を目標としています。また、今後はFortiGate以外のファイアウォール機器の展開も検討していきます。

概要図

たよれーる EasySOC for FortiGate 概要図

サービス名

たよれーる EasySOC for FortiGate

販売開始日

平成28年6月1日

サービス開始日

平成28年7月1日

対象機器

FortiGate50E

サービス内容

1.通知サービス
重要度の高い事象が発生した場合、通知メールにてお客様へ通知します。

2.月次レポートサービス
前月分のログを集計し、月内に発生したセキュリティインシデントの検知内容を分類し、概況と詳細に分けて記載します。

3.電話窓口サービス
レポートや通知メールの内容についての質問の受付、対応を実施します。

価格

月額利用料:5,000円

  • * 設置・設定に係わる初期費用として30,000円が必要です。

販売目標

初年度1,300件

関連リンク

お客様お問い合わせ先

株式会社大塚商会
共通基盤総合NWプロモーション部ネットワークプロモーション1課
電話:03-3514-7563