AIビジネス推進の一環として、dotDataと資本業務提携

企業向けAIソリューションの開発、提供を積極的に推進

2022年 4月27日 第202213号

ソリューションプロバイダーの株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 裕司)は、2022年4月にdotData, Inc.(本社:アメリカ カリフォルニア州、CEO:藤巻 遼平、以下、dotData社)に出資し、AI技術分野でより強固な資本業務提携をおこないました。この資本業務提携により、大塚商会では、企業向けAIソリューションの開発、提供を強化いたします。

出資概要

出資形式第三者割当増資(シリーズB優先株式)
出資金額21.62百万ドル(2,672百万円)

2022年4月12日に、大塚商会とdotData社は中堅・中小企業のAI民主化加速に向けた戦略的アライアンスを発表し、組織の大小問わず幅広い業務分野で、より多くの人がAIにより業務を高度化・効率化ができるAI自動化のビジネス実装を共同で開始しました。

今回の資本業務提携は、このアライアンスを更に強固にするものです。大塚商会とdotData社は両社の強みを最大限に活用・連携し、「AIを意識せず、高度な技術知識やスキルを有せずとも、AIが導き出してくれるインサイトを業務にシームレスに利用できるサービスを提供してほしい」というニーズに応えるために、dotDataのAI自動化の機能を大塚商会の提供する各種ITサービスやソリューションに組み込み、クライアント企業のユーザーが本来の業務に注力しながら、ITソリューションの利用の中で自然にAIの価値を享受できる仕組みの実現に向けた取り組みを加速します。

これまで、大塚商会では、自社内のさまざまな課題解決において、dotDataを使用したAI活用を積極的におこなってきました。社内活用では、蓄積したビックデータをAIで分析し営業力強化を図っています。また、さまざまなお客様に基幹系と情報系のシステムを提供しており、業界・業種ごとに必要な機能を部品化した仕組みに強みを持っており、お客様固有のカスタマイズ対応を効率化しています。AIソリューションでも、この部品化の考え方を取り入れ、ハイブリッド構成を採用することで、リーズナブルでかつスピーディな対応が可能になります。

AIによるビジネスの変革は、次の段階に入りつつあり、AIを使いこなす「人」が中心となる世界の実現が迫っています。今回の資本業務提携により、大塚商会が提供する基幹系・情報系システムに、dotData技術を組み込む開発を具体的におこなうことで、次の段階のAI変革を進めて参ります。

当社は今後もAIソリューションの開発・提供を積極的におこない、中堅・中小企業のDX推進に貢献していきます。

お客様お問い合わせ先

株式会社大塚商会
AIビジネス推進プロジェクト
電話:03-3514-7562