再確認! 改正電子帳簿保存法への取り組み方

2022年1月から施行された改正電子帳簿保存法への最適な対応方法をご紹介

2022年1月施行の改正電子帳簿保存法の改正ポイントをご紹介すると共に、どのように対応すればよいのか、ミスなく進めていくためのシステム導入についてもご案内します。

その他 ERP・基幹業務・業務管理 紙文書の管理・活用 経営基盤強化・リスク対策 オンライン

  • 日時:2022年1月18日(火) 13:00〜15:00
  • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
  • 配信環境:Zoom
  • 参加費:無料(事前申込制)

受付終了

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーのご案内

13:00〜13:45

【S01】

2022年1月施行の改正電子帳簿保存法!
最も導入しやすい運用方法とは!?

2022年施行の改正電子帳簿保存法。電子取引データの電子保存が必須になったということで、準備をされてきたお客様が多いかと存じます。本セミナーでは、改正電子帳簿保存法のポイントを解説しながら、最も導入しやすい運用方法をご紹介します。大幅要件緩和になった紙の電子化を検討されている方も、電子取引データの現状の保存方法にお悩みの方も必見の内容です。

講師

株式会社大塚商会 統合戦略企画部

岡野 純子

14:30〜15:00

【S02】

ついに改正電子帳簿保存法スタート!
猶予期間を踏まえた効果的な対応方法とは?

2022年1月より、改正電子帳簿保存法がスタート。新たに2年間の猶予が発表されたことで、ひとまず今まで通り紙保存をされるお客様も多いのではないでしょうか? しかし、2年間の猶予期間といっても、インボイス制度が控えているなど、実は時間がないともいわれています。本セミナーでは、この猶予期間をうまく活用し、法改正に合わせた対策をミスなく、無駄なくできるソリューションを中心にご紹介します。

講師

株式会社大塚商会 統合戦略企画部

池田 一真

受講の受け付けを終了しました

受付終了

ナビゲーションメニュー