サイバー攻撃と内部不正による経営リスクのリアル

被害総額と事例に見るセキュリティ対策の費用対効果

「インシデント損害額調査レポート」の被害事例や実際に発生した情報漏えい事故の事例を見ながら、セキュリティ対策、強化すべきポイントを解説します。ご紹介した対策のポイントを踏まえ、「SKYSEA Client View」でできるご支援も操作画面を通してご紹介します。

ランサムウェア対策 ウイルス対策・サイバー攻撃対策 セキュリティ 機密漏えい・外部侵入対策 経営基盤強化・リスク対策 オンライン

  • 日時:2024年6月27日(木) 13:30〜14:40
  • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
  • 配信環境:Zoom
  • 参加費:無料(事前申込制)
  • 締め切り日:2024年6月26日(水) 12:00まで

お申し込みはこちら

セミナーのご案内

13:30〜14:00

【S01】

調査レポートで見るサイバー攻撃被害額のリアル

セキュリティ対策は組織の経営課題―そんな注意喚起をよく耳にします。しかし、セキュリティ対策は目に見える効果が得にくいため、組織にとってコストと捉えられることもしばしばあります。特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)がまとめた「インシデント損害額調査レポート」の被害事例から、セキュリティ対策の費用対効果を考えます。実際に被害を受けた組織は、フォレンジック調査や復旧にどれだけの費用を支払い、事後対応にどれだけの時間を費やしたのでしょうか。サイバー攻撃の有効な予防策とあわせてご紹介します。

講師

Sky株式会社

14:10〜14:40

【S02】

本当にあった情報漏えい 事例から見る、今必要な対策とは

外部からのサイバー攻撃、従業員による内部不正、誤操作をはじめとするうっかりミス……。「組織は常に情報漏えいリスクと隣り合わせ」と聞くけれど、組織はどのようなリスクを抱えているのでしょうか? 実際に発生した情報漏えい事故の事例を見ながら、セキュリティ対策、強化すべきポイントと、「SKYSEA Client View」でご支援できる情報漏えい対策をご紹介します。操作画面もあわせてご覧いただけます。

講師

Sky株式会社

お申し込みはこちら

開催概要

日時
2024年6月27日(木) 13:30〜14:40
会場
オンライン(全国どこでも参加可能)
環境
PCやタブレットなどの端末と、インターネット環境が必要です。
(「Zoom」を使用して配信します)
受講URL
セミナー開催の前日までに、当日の視聴方法をE-mailにてご案内します。
参加費
無料(事前申込制)
お申し込みの注意事項
  • 個人の方、同業または競合他社様からのお申し込みは、お断りさせていただきます。
  • 複数の方が別PCで受講される場合は、人数分のお申し込みが必要です。受講されるご本人様がお申し込みください。
締め切り日
2024年6月26日(水) 12:00まで
主催
株式会社大塚商会
お問い合わせ先
株式会社大塚商会 LAプロモーショングループ イベント事務局
担当:原田・山本・和田山
E-mail:la-promo-t@otsuka-shokai.co.jp

ただいま、受講を受け付けています

お申し込みはこちら

ナビゲーションメニュー