Linux製品について、分かりやすくお答えします。

Linux(リナックス)の導入メリット

Linuxに代表されるオープンソースソフトウェア(OSS)は、ソースコードが無償公開され誰でも自由に改良を加えることができます。これによって企業には、さまざまなLinuxの導入メリットが生まれてきます。

サーバーOSであるLinuxを利用する四つのメリット

ポイント1導入コストや運用コストの削減

オープンソースソフトウェアは、プログラムの設計図であるソースコードが公開されています。そのため、例えば有償のLinuxディストリビューションを利用しても、システム導入にかかるコストやバージョンアップコストを削減することができます。

こんなお悩みを解決します

  • システム導入に伴うサーバー関連のコストを削減したい。
  • OSのバージョンアップに伴うコストを削減したい。

ポイント2バージョンアップや保守など、メーカーの意向に左右されない

商用のソフトウェアを利用すると、バージョンアップやサポート契約など、提供するメーカーの意向に自社のシステム投資が左右される可能性がでてきます。Linuxをはじめとするオープンソースソフトウェアであれば、システムのライフサイクルを自社である程度コントロールできるようになります。

こんなお悩みを解決します

  • 自社のシステム投資に対してメーカーの影響を少なくしたい。

ポイント3最新の技術が利用できる

オープンソースソフトウェアは、誰もが改良を加えることのできるソフトウェアです。コミュニティに参加している世界中の企業やエンジニアが、新たな技術を開発し公開しています。こうした最新の技術を自社のシステムに取り入れることができ、陳腐化しないシステムを構築することができます。

こんなお悩みを解決します

  • もっと積極的に最新の技術を取り入れたい。

ポイント4クラウドサービスと連携しやすい

クラウドサービスを活用する動きが高まる中で、多くのクラウドサービスは、オープンソースソフトウェアで構成されています。そのため、社内システムがLinuxをはじめとするオープンソースソフトウェアで構築されていると、クラウドサービスとの相互連携もスムーズに行えるようになります。

こんなお悩みを解決します

  • クラウドサービスをもっと柔軟に活用したい。

ナビゲーションメニュー