Red Hat製品について、分かりやすくお答えします。

Red Hat Enterprise Linux(RHEL)

Linux(リナックス)を、企業の情報システムで安定稼働させるためには、セキュリティやサポートが不可欠です。レッドハット社が提供する「Red Hat Enterprise Linux(レッドハット エンタープライズ リナックス)」といった有償のディストリビューションサービスを利用することで、企業はより信頼性の高いLinuxを安心して利用できるようになります。

Red Hat Enterprise Linuxの特徴

Red Hat Enterprise Linuxは、Linuxディストリビューターであるレッドハット社が提供する、信頼性の高いLinux OSです。以下のような特徴により、企業は安心してLinuxを導入できます。

  • サブスクリプション契約によるサポートが充実
  • 対応しているハードウェアやソフトウェアが多い
  • 企業や官公庁、教育機関などで豊富な導入実績がある

サブスクリプション契約

サブスクリプション契約とは、Red Hat Enterprise Linuxの製品保証やサポートサービスを受ける権利のことで、「Standard」と「Premium」の二つの種類があります。最大10年間(通常7年、延長3年)にわたって、以下のようなサポートやサービスが受けられます。

サブスクリプション契約で受けられるサービス

  • 最新バージョンへのアップグレード
  • ハードウェアを変更後も継続して利用可能
  • システム管理ツール「Red Hat Network」の利用
  • 定期アップデートやバグ修正
  • テクニカルサポート

Red Hat Enterprise Linuxのサブスクリプション契約

二つのサポート種類、「Standard」と「Premium」

Red Hat Enterprise Linuxのサブスクリプションには、サポート内容の違いにより「Standard」と「Premium」の二つがあります。大きな違いは「サポート時間」ですが、ミッションクリティカルなシステムの場合には、Premiumサポートをお勧めします。

サポートStandardPremium
サポート時間平日 9:00~17:0024時間365日
EUS(マイナーリリースの延長サポート)×

Red Hat Enterprise Linuxのサポート

Red Hat Enterprise Linuxの製品ラインアップと価格

Red Hat Enterprise Linuxのサーバー製品には、三つのラインアップが用意されています(2015年10月1日改定価格)。

Red Hat Enterprise Linux Server(RHEL)

2物理CPU、または2ゲストOSで利用可能です。

Standardサポート(標準価格・税別)

RH00004
108,700

Premiumサポート(標準価格・税別)

RH00003
176,700

Red Hat Enterprise Linux for Virtual Datacenters(RHEL-VD)

仮想化された無制限ゲストOS用途に最適です。

Standardサポート(標準価格・税別)

RH00002
339,800

Premiumサポート(標準価格・税別)

RH00001
543,800

Red Hat Enterprise Linux with Smart Virtualization(RHEL-SV)

RHEV ( Red Hat Enterprise Virtualization ) 仮想化ソリューションと無制限ゲストOSがセットです。

Standardサポート(標準価格・税別)

MCT2930
422,400

Premiumサポート(標準価格・税別)

MCT2927
552,400

Red Hat Enterprise Linuxの価格

ナビゲーションメニュー