サーバー製品の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

ファイルサーバー可視化サービス

現在利用中のファイルサーバーのデータを無償で調査・分析し可視化するサービスです。新規ファイルサーバーの導入、ファイルサーバーの置き換えをお考えのお客様は、ぜひご利用ください。

ファイルサーバーのデータ調査は、最適なサーバー導入に効果的!

ファイルサーバー可視化サービス導入のメリット

耐障害性の高い安心構成
2台の大容量ファイルサーバーを用意(本番機、予備機)

ファイルサーバー可視化サービスは、お客様が現在ご利用中のファイルサーバー状況を診断し、ファイルサーバーの使用量やファイルの数、未参照ファイル、重複ファイルなどのレポートを提出します。これらのレポートを参考にすることで、最適なファイルサーバーの用件を決めることができます。さらに、未更新ファイル、重複ファイルなどの不要なファイルが明確になることで、以下のようなメリットを受けることができます。

  • 必要な容量でハードウェアの導入が可能になります。
  • 不要なファイルを削除し、リソースの有効活用とバックアップ時間の短縮が実現されます。

分析結果レポート サンプル

ファイルサーバーの使用量やファイルの数、未参照ファイル、重複ファイルなどのレポートを提出します。

分析結果レポートサンプル1

  • * 上記分析結果レポートはイメージです。

スキャン対象のファイルサーバー

File SystemのOS Windows Server 2003(32bit/64bit) Standard/Enterprise/Datacenter
Windows Server 2003 R2(32bit/64bit) Standard/Enterprise/Datacenter
Windows Server 2008(32bit/64bit) Standard/Enterprise/Datacenter
(Web/Itanium/HPCエディションは対象外)
Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise/Datacenter
Windows Storage Server 2003/2003R2/2008/2008 R2
File Systemの形式 WindowsファイルサーバーのNTFSのみ対象(FATは対象外)
対象サーバー台数 1台1共有フォルダーまで
調査対象データ量 最大1TB
データスキャン期間 24~48時間(データ量に依存します)

無償診断に関する注意事項

無償診断の実施について

下記お問い合わせフォームに必要事項をご記入のうえ、お問い合わせください。後ほど、当社担当営業より、連絡させていただきます。なお、場合によっては無償診断をお断りさせていただく場合もございますのであらかじめご了承ください。

設置前の事前準備

以下の事前準備が必要となりますので、あらかじめご準備ください。

  • 診断用サーバーの設置場所・電源・LANポート
  • 診断用サーバーとモニターの設置スペース、電源×2、LANポート×1
  • 診断用サーバーで使用するIPアドレス
  • 診断対象のファイルサーバーと通信できるIPアドレス×1
  • データスキャン用のアカウントとパスワード
  • 診断対象のファイルサーバーにアクセスできるアカウントとパスワード
    (アクセス権のないフォルダーやファイルについてはスキャンできません)
  • 診断対象のフォルダーは共有設定されている必要があります。

無償診断の実施について

データスキャン所要時間の目安について

データスキャン所要時間の目安 100GBの場合、約1時間30分
200GBの場合、約3時間00分
500GBの場合、約9時間00分
  • * テープバックアップやウイルススキャン処理が入るとさらにスキャン時間が延びる可能性があります。スキャン実行時は、出来るだけ他の処理が実行されないように調整をお願いします。

サーバーソリューション 導入事例をご紹介

各社それぞれの課題や状況に合わせて、ITの活用による解決方法をご提案しています。サーバーソリューションを導入した事例をご紹介します。