ここから本文です。

サーバのシステムとデータを丸ごとバックアップ

低価格でバックアップ保管先の二重化運用を実現、システム復旧も迅速に

平成23年9月8日 第2333号

ソリューションプロバイダの株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:大塚 裕司)は、平成23年9月中旬より、企業向けにサーバのOS、アプリケーション、データを丸ごとバックアップ(イメージバックアップ)して保管する、バックアップソリューション「サーバ丸ごとバックアップ 500GB/250GBパック」を提供します。バックアップの保管先を二重化する運用により、安全性を高めたバックアップシステムを低価格で構築することができます。万が一、サーバ復旧の必要があった場合も、テープによるデータバックアップとくらべ迅速なシステム復旧が可能です。

本パックは、CA Technologies(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:バスター・ブラウン)製イメージバックアップソフト「CA ARCserve(R) D2D r16」とタンベルグデータ株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役:松澤 正芳)製RDX装置(※)に大塚商会独自のバックアップ設定などがセットになっており、価格は250GBパック1セット339,900円(税別)、500GBパック 422,100円(税別)です。

※RDX:衝撃や静電気にも強く、交換ができるUSB接続のハードディスク(HDD)。クリーニングや劣化対策などのメンテナンスが必要なテープ装置に比べ、手軽に利用可能。

従来、サーバのバックアップは、テープ装置にデータだけを保管しているケースが多く、サーバの復旧が必要になった場合、ハードウェアとソフトウェアの再設定を行った後に、テープ装置からのデータを戻す作業となります。そのため、復旧作業にかかる工数、時間がかかり、その分、業務再開が遅れてしまいます。

本パックでは、毎日夜間にOSからアプリケーションソフトまでのシステム全体と設定情報やデータまでバックアップをします。500GBパックの場合のバックアップ時間は、8時間程度となっています(大塚商会の社内検証より)。復旧する場合も、OS、アプリケーションのインストール、設定などの工数が省けるため、サーバ障害時の復旧作業を迅速に行えます。

バックアップの運用や設定は、大塚商会がこれまで培ってきたバックアップソリューションのノウハウを活かし、バックアップ保管先の二重化を図っています。RDXカートリッジ1本の容量を半分に分け、交互にバックアップ領域として使用し、万が一、バックアップ中にエラーが発生しても、前回のバックアップデータを保護する仕組みを取っています。また、RDXカートリッジは2本以上の運用を設定し、さらに安全性を高めたシステム保存を可能にします。バックアップソフトと二重化の運用をしたRDXの動作確認についても、大塚商会にて検証を済ませており、システム構築の際にハードウェアやソフトウェアの選定に時間をかけることなく、安心してご利用いただけます。

大塚商会は、本パックを販売するだけではなく、独自の検証とサポート体制による安全で確実なバックアップ設定、運用支援を提供いたします。また、導入後の保守運用支援についても「CA ARCserve D2D運用支援」、「ハードウェア出張修理サービス」により、導入後も安心して運用いただけます。

パック内容

  • CA ARCserve D2D r16 for Windows Server Standard Edition
  • CA License Program ARCserve Media Kit
  • Tandberg RDX External drive; black; USB 3.0 (No software)
  • Tandberg RDX Cartridge (1TBもしくは500GBを2本)
  • サーバ丸ごとバックアップ基本設定 (RDX取付、D2Dインストール、設定)

※別途、RDX装置のハード保守、バックアップソフトの運用支援保守のご契約が必要です。

パック運用イメージ

想定運用(500GBパックの場合)

  • 複数本のカートリッジ(1TB)を用意。最低2本で追加は可能。
    ※250GBパックの場合は500GBのカートリッジ。
  • 1本のカートリッジにフルバックアップ1世代を格納し、毎日入れ替えて利用。
  • バックアップ対象データ容量はMax:500GBまで。
    ※250GBパックの場合はMAX250GBまで。
  • 夜間バックアップ実行。想定されるバックアップ時間は8時間程度。
    ※社内検証値を元にした目安

価格

500GBパック422,100円(税別)~
250GBパック339,900円(税別)~

※保守契約の金額は含まれません。

関連リンク


お客様お問い合わせ先
株式会社大塚商会 サーバ・ストレージ課 
お問い合わせフォーム
ここまで本文です。

このページの先頭へ