セキュリティ製品の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

サーバーまるごとバックアップ (MAX 1.8TB)

サーバートラブルの復旧手順をより簡単に、時間も短縮できるイメージバックアップソリューションです。

  • * 1TB以上のパックは、USB3.0接続の場合のみご利用いただけます。

製品概要

OSからアプリケーションまでのシステム全体と、設定情報やデータを一緒にまるごとバックアップするため、再インストール、再設定の必要がなく、ワンアクションのリストアで迅速に業務が再開できます。

パック内容

バックアップソフトとバックアップ装置はもちろん、設定や構築作業まで入ったオールインワンパック! さらに大塚商会の保守メニュー「たよれーる」で導入後の保守サポートもお任せください。(注1)

バックアップソフト
Arcserve UDP Standard Edition
バックアップ装置
Tandberg data RDX External drive USB3.0( No software)
Tandberg data RDX Cartridge( 2TB、1TB、もしくは500GBを最低2本)
設定・構築作業
サーバーまるごとバックアップ基本設定 (RDX取付、UDPインストール、設定)
  • (注1)大塚商会の保守メニュー「たよれーる」にご加入いただく必要があります。当社サポート可能地域外の場合、ご提供ができない場合があります。
  • * たよれーるの保守サポートは、別途契約が必要です。
製品・サービス名製品の内容・特長
Arcserve UDPイメージバックアップでサーバーをまるごとバックアップし、バックアップデータの重複排除から遠隔地への転送までできる製品です。

価格

セキュリティ製品の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

運用イメージ

想定運用(1.8TBパックの場合)

  • 複数本のカートリッジ(2TB)を用意。最低2本。
  • 1本のカートリッジにフルバックアップ1世代を格納し、毎日入れ替えて利用。
  • バックアップ対象データ容量はMAX:1.8TB(注2)。
  • 夜間にバックアップ実行。
  • 想定バックアップウィンドウは8時間程度(注3)。
  • 直近のバックアップデータを上書きしない安全仕様(注4)。
  • (注2)フォーマット後の実容量。
  • (注3)サーバーとRDX装置をUSB3.0ポート接続した場合の目安。
  • (注4)前日にカートリッジを交換しないと容量不足でエラーとなる可能性があります。

日々のバックアップ作業の負荷を大幅に軽減! 簡易なDR対策もすぐに行えます

『サーバーまるごとバックアップ』なら、日々のバックアップ作業の負荷を大幅に軽減できます。 さらに、万一の災害や致命的なシステム障害に備えた簡易的なDR(Disaster Recovery: 災害復旧)対策を、低コストかつ短期間で用意することも可能です。

サーバーを止めずにメンテナンスが可能!

サーバー内蔵型のバックアップ装置の場合、装置の障害や交換などのメンテナンス時、サーバーを止める必要があります。しかし、『サーバーまるごとバックアップ』のバックアップ装置は外付けUSB接続のため、サーバーを止めずに装置交換が可能。ビジネスをストップさせることはありません。

  • * メンテナンスの内容によってはサーバーの停止が必要となる場合がございます。

面倒な設定は不要! 毎日、カートリッジを交換するだけ!

対象データの選択やバックアップのスケジューリングといったジョブ設定は、大塚商会のエンジニアが設定。その後は毎日RDXカートリッジを交換するだけ。毎日交換することで、いつでも、前日の状態にサーバーを復旧できます。

  • * パックではカートリッジを最低2本ご用意していただきます。本数を追加することで、復旧できる世代数を増やすこともできます。

カートリッジを遠隔地に保管するだけで簡易なDR対策!

支社などの遠隔地に、取り外しできるRDXカートリッジを保管しておけば、簡易のDR対策を低コストで実現できます。持ち運びに適したサイズのRDXカートリッジは、衝撃、静電気に強い構造です。また、お客様のRDXを保管センターにお預かりするサービスもご用意しています(別途契約)。

セキュリティの導入事例をご紹介