セキュリティ製品の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

大規模なサーバー環境までバックアップ
Arcserve Backup

20年以上の実績を誇り、1台のサーバーから大規模な環境まで活用できるバックアップソフトです。

製品概要

災害対策として注目度の高いクラウドへのデータ保護や、データの肥大化対策である重複排除機能、情報漏えい防止策の一つである暗号化など、優れた機能を標準で搭載しています。

少ないステップで簡単操作

導入時はもちろん、バックアップの初期設定を行う場合や設定の変更を行う場合も、ウィザード形式(対話形式)で設定可能です。

充実の標準機能

重複排除機能、クラウドへの災害対策、ディスク使用量の予測機能、D2D2T(注1)によるデータの二重化と外部保管など、多彩な機能が標準搭載されています。

仮想環境のニーズに対応

仮想環境をホスト単位、ゲスト単位、そして個別のファイル単位ですばやく、簡単にバックアップ/リカバリーできます。

多様な環境にもオプション対応

Windows / Linux / UNIXの混在環境も統合バックアップ、Oracle / SQL / Exchangeなどに対応したオプションも充実しています。

  • (注1)Disk to Disk to Tape:最初にデータをハードディスクにバックアップし、その後テープドライブにデータをバックアップする方法になります。

Arcserve Replication連携

Arcserve ブランド製品同士ならレプリケーションとバックアップの連携が可能になります。

Arcserve Replicationとの連携によりレプリケーションデータの世代管理が行えます。

Arcserve Replication製品紹介ページを見る

セキュリティの導入事例をご紹介