ランサムウェア対策最前線セミナー! 今やるべきリスク対策・移転はこれだ

ランサムウェアの暗号化検知からファイル復元まで自動化!

情報セキュリティ10大脅威で4年連続1位となった「ランサムウェアの被害」は後を絶ちません・・・・・・。警察庁の報告によると半数以上が中堅・中小企業の被害だそうです。本セミナーでは、今やるべきリスク対策・移転を分かりやすくご紹介します。

ランサムウェア対策 ウイルス対策・サイバー攻撃対策 セキュリティ 機密漏えい・外部侵入対策 愛知県

  • 日時:2024年6月14日(金) 14:00〜16:00 (受付開始 13:30〜)
  • 会場:株式会社大塚商会 中部支店 13階
  • 所在地:愛知県名古屋市中区丸の内3-23-20 HF桜通ビルディング 地図 (中部支店)
  • 参加費:無料(事前申込制)
  • 定員:50名様

受付終了

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーのご案内

14:00〜14:40

【S01】

リスク対策

なぜ暗号化型ランサムウェアの被害が拡大するのか?
被害拡大の理由や革新的な暗号化型ランサムウェア対策方法を徹底解説!

ランサムウェア被害は中堅・中小企業を中心に年々激化しており、全ての企業で緊急かつ重要な対策が求められています。特に暗号化型ランサムウェア攻撃は、事業継続や社会的信頼を脅かすだけでなく、個人情報保護の法的な側面においても重要な課題となります。本セミナーでは、従来のウイルス検知ソフトとは違い、独自の情報認識技術:暗号化プロセス検知から、リアルタイムにバックアップと復元を可能にした対策ソリューションをデモを交えてご紹介します。また導入後も安心運用、大塚商会保守サポートサービスもご案内します。

講師

santec Japan株式会社 ソリューショングループ スペシャリスト

田中 智子

15:00〜15:40

【S02】

リスク移転

セキュリティに100%安全はない
これで安心 大塚商会のサイバー保険

サイバー攻撃への耐性を高めるためには、機器による防御、外部機関による監視、検知システムの導入、社員教育などの社内管理体制整備が不可欠です。しかしながら、どれだけの対策を講じても情報セキュリティの世界には100%安全と言い切れる対策は残念ながらありません。情報セキュリティ体制の強化と同時に万が一のリスクへの備えとしてサイバー保険の活用事例とその必要性を解説します。

講師

株式会社大塚商会 MST特販部 MST特販推進支援課
サイバーセキュリティ保険販売推進統括

深川 太郎

展示のご案内

開催時間内であれば関連対策ソリューション詳細をご覧いただけます。

受講の受け付けを終了しました

受付終了

ナビゲーションメニュー