Clip #473 アートとApple

2022年1月14日公開分のアップルクリップの番組サマリーをお届けします。

番組サマリー

今週のAppleCLIPは、アートやデザイン、そしてテクノロジーにお詳しいジャーナリストのチバヒデトシさんをお迎えして、【アートとApple】と題してお話を伺ってまいります。

AppleCLIP常連ゲストでもあるチバヒデトシさんは、もともと美術書などを豊富に取り扱うことでも有名だった西武百貨店のリブロで書店の店員を務められた後に、Macintoshで編集や印刷などを手掛け、数多くのMacやテクノロジー系の雑誌でテクノロジー系ライターや編集者として活躍され、デザインやアート系のメディアで活動を始められた方。

そんなチバさんに、スティーブ・ジョブズが、銀座の画廊で買った橋口五葉の「髪梳ける女(かみすけるおんな)」をMacintoshの発表会で使用した際の逸話や、子供のころに体験した日本に対する憧れが、スティーブ・ジョブズに大きく影響して、Appleに美学として持ち込まれたのではないか?」などのディープなお話を聞かせていただきました。

スティーブ・ジョブズが愛した川瀬巴水(かわせはすい)の作品展も日本の各所で開催されています。そんなアートや日本の哲学や文化、ミニマリズムにつながる禅などを通して、あらためてAppleをとらえる機会になれば幸いです。

詳しくは、AppleCLIPで。

  • *収録を終えて SatoRichman

ご相談はこちら

大塚商会では、新製品情報や新製品の導入やテレワークなどの新しい技術に関するご相談なども分かりやすくお答えしますので、どんなことでもお気軽にご連絡ください。

お気軽にご相談ください。

番組視聴はこちらから

次回予告

Clip #474 猫と幸せとウェルビーイング

公開予定日:2022年 1月21日

GUEST PROFILE

千葉 英寿(ちば ひでとし)

フリーランスジャーナリスト兼美術館研究家

西武百貨店リブロの書店員、編集者を経て現職。アート、デザイン、エンターテインメント、メディアとテクノロジーを取材し、雑誌・Webを中心に執筆・寄稿。ほか、企業の製品プロモーションや広告の企画、コンサルティングも手がける。

パソコンやインターネットの黎明(れいめい)期から数々のデジタルメディア、オンラインメディアの創設に関わる。「文化庁メディア芸術祭」では、公式iPhoneアプリの企画、ソーシャルメディアを使ったコミュニケーション戦略の立案などに携わる。ブログ「アートな日常、エンタメな毎日 by tokyoArt」主宰。ライフハッカー、otocoto、ARTLOGUEなどに寄稿。Weekend Museumの企画記事監修。デジタルハリウッド大学大学院客員教授(2011~2015年)。

  • *本記事中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞、掲載の図版内容等は公開時点のものです。

バックナンバー

過去のバックナンバー一覧
AppleCLIP バックナンバー

ナビゲーションメニュー