POSレジの導入と基幹システムの適正化で売り上げ・在庫管理に要する業務負担を軽減し、全社のデータ共有による戦略的な事業展開を実現

「売上管理に要する時間と手間が軽減され、各店舗の在庫データも可視化。SPA事業を多店舗展開するために必要な基盤を整備することができました」

株式会社ミューラーン 導入事例

卸売・小売業、飲食店1~100名ERP・基幹業務・業務管理情報共有・会議システム営業・業務プロセス効率化業務データの活用

ファッション水着などの企画から製造・販売まで行う株式会社ミューラーン。SPA事業を展開する同社は、従来型のレジをPOSレジに変更し、販売・在庫管理システムも刷新。リアルタイムでの売り上げ状況や店舗ごとの売上目標達成率に加え、在庫データまでも全社で共有できる体制を整えた。その結果、販売・在庫管理の速度と精度が増し、社員の業務負担と残業時間が軽減。SPA事業に必要な「適時・適品・適量」の商品配分を可能にするとともに、販売・在庫管理システムに蓄積された売上データを多角的に分析することで、より的確な経営判断もできるようになった。

2019年11月取材

株式会社ミューラーン

導入先の概要

業種
アパレル
事業内容
ファッション水着・リゾートウェアの企画・製造・販売
従業員数
100名(2019年11月現在)
ホームページ
https://www.peakpine.com

導入の狙い

  • 多店舗の売り上げをタイムリーに把握したい
  • 売上管理に要する社員の業務負担を軽減したい
  • 在庫データを全店舗で共有したい

解決策

POSレジの導入と販売・在庫管理システムのリプレース

導入したメリット

  • 各店舗のリアルタイムな売り上げ状況が可視化された
  • 在庫データが共有され、品切れ品の補充や返品商品の再配分がスムーズ
  • 業務が省力化され、店舗と本部の社員の残業時間が縮減された
  • 専務取締役 商品企画担当 田村 邦夫氏

    「『ApaRevoII』は柔軟なカスタマイズや機能追加が可能なので、当社の業務内容にマッチした基幹システムとして導入することができました」

  • 管理部 山本 敦子氏

    「全店の在庫データが共有されるようになったことで、店舗間での商品移動がスムーズになったことも、今回のシステム刷新の大きな成果です」

導入製品情報

製品カテゴリー製品名・型番お問い合わせ
アパレル・ファッション業向け
販売・在庫管理システム
ApaRevoIIお問い合わせ
ASP/SaaS型店舗
本社管理システム
TenpoVisorお問い合わせ
パソコンPOSシステムBCPOSお問い合わせ
免税自動化アプリあっと免税お問い合わせ

この事例を印刷、保存しますか?(無料)*内容は同じです

整形ずみPDFを入手

株式会社ミューラーン 導入事例(PDF:2,816KB)

導入事例詳細

ファッション水着を企画・製造し全国のリアル店舗で販売

東京都中央区に本社を置く株式会社ミューラーンは、ファッション水着やリゾートアイテムの企画・製造・販売を行うアパレル企業だ。1978年の創業当初は水着の卸売り専業だったが、その後、製造から販売まで自社で手掛けるSPA事業に転換した。20代の女性をメインターゲットに最新のトレンドを取り入れた「PEAK&PINE」、大人の女性をメインターゲットに洗練されたデザインと着心地を追求した「Riberce」をはじめとする自社ブランドを多数持ち、インポート水着や雑貨なども扱う水着セレクトショップを全国の主要都市で展開。18の常設店舗のほか、毎年夏季には期間限定オープンの催事店を約30店舗出店している。

「自社のデザイナーやパタンナーが市場ニーズに即した商品開発をしており、MADE IN JAPANにこだわった高品質な商品と、きめ細かな接客で他社との差別化を図っているのが当社の強みです」と、専務取締役 商品企画担当の田村 邦夫氏は語る。シンガポール、香港、上海にショップ展開するなど海外市場の開拓にも意欲的で、現在はオーストラリアへの進出を計画中。熱帯圏や南半球に販路を広げることで、年間を通じて売り上げの平準化を図る考えだ。

各店舗の売上データを正確かつスピーディーに管理したい

同社にとって課題となっていたのが、各店舗で従来型のレジスターを使用していることによる売上管理の非効率性だ。売上データは毎日の営業終了後に店舗のスタッフが集計し、メールに添付して本社に送信していた。閉店後の集計作業は残業を強いることになるうえ、本社がデータをチェックするのは翌日になる。また、そのデータは本社の担当者が販売管理システムに登録するため誤入力も発生しがちで、売り上げに対して金額や在庫数が一致しないことが多かった。

「何より問題だったのは、本社が各店舗の売り上げを把握するのにタイムラグが生じることでした。SPA事業の基本は『適時・適品・適量』で、売れた商品は即座に補充されなければなりません。そこで、全店舗にPOSレジを導入する必要性を感じるようになりました」(田村氏)

POSレジの導入で販売管理体制を刷新

POSレジ導入に際してネックとなったのが、催事店舗における運用である。夏季以外の維持コストや管理負担を考えると、催事店舗ではレンタルのPOSレジを利用するのが望ましい。そこで複合機やPOD機などで取引のあった大塚商会の担当者に相談したところ、Windows上で動作するパソコンPOSシステム『BCPOS』のレンタルサービスと、『BCPOS』と親和性の高いアパレル・ファッション業向け販売・在庫管理システム『ApaRevoII』の活用を提案された。20年ほど前にスクラッチ開発した販売管理システムが老朽化していたこともあり、同社はこれらの導入を決断した。

「販売管理の仕組みそのものは踏襲したかったので、『ApaRevoII』を旧来のシステムと同様に使える仕様にカスタマイズしてもらい、生産発注機能や、倉庫と連携して入出荷データを管理するための機能も追加してもらいました」と田村氏。2016年秋に検討を始め、2017年夏の本格的な稼働を見据え、同年春より全国の常設店舗へ段階的に『BCPOS』を導入していった。

「設置と各店舗の社員への導入教育については、『BCPOS』の開発元であるビジコムさんからサポートを受け、スムーズに運用を開始することができました」と、社内システムの導入・運用を担当する管理部の山本 敦子氏は話す。レンタルの『BCPOS』については、本社に納入されたものを山本氏が設定してから各催事店舗に送付。こうして同社は、繁忙期には約50店舗に及ぶ常設店・催事店でスムーズな販売管理を行うことができる環境を構築した。

アパレル・ファッション業に特化した販売・在庫管理システム『ApaRevoII』。売り上げ・在庫データをリアルタイムに可視化し、販売機会損失や不良在庫を防ぐ

バーコードを用いたパソコンPOSシステム『BCPOS』が、スムーズな販売・在庫管理をサポートする

本社を含めた全店舗で在庫状況を共有

営業中の売り上げをタイムリーに可視化するため、同社はASP/SaaS型店舗本社管理システム『TenpoVisor』も活用している。各店舗の『BCPOS』とつながった『TenpoVisor』によって、販売データをリアルタイムで確認できる。全店舗のその日の売上目標に対する達成率もグラフで容易に把握できることから、売り上げが思うように伸びない店舗にマネージャーを派遣して対策を講じるなど、臨機応変な対応ができるようになった。

「『TenpoVisor』によって、店舗間の在庫データ共有も可能になりました。以前は商品が品切れした場合、本社を介して在庫がある店舗を調べていましたが、どの商品がどの店舗にあるのかが一目瞭然になり、お客様への適切な対応が可能になりました」と田村氏。

同社は最近、在庫管理体制をさらに強化するため『ApaRevoII』に新たなカスタマイズを施して「返品商品再配分機能」を構築。その商品がよく売れている常設店舗をリストアップするといった仕組みを作ることで、催事店舗閉店後に倉庫に送られた在庫品の再配分に要する労力も大幅に軽減している。

免税販売に必要な伝票も自動発行

免税販売を頻繁に行う沖縄の店舗では、免税自動化アプリ『あっと免税』も導入。パスポートリーダーでお客様のパスポート情報を読み込めば自動的に免税伝票が発行されるようになった。

「以前は販売スタッフが伝票にわざわざパスポート番号などを手で記入していたため、一人のお客様の免税販売処理に何分も要していましたが、今はその作業が瞬時に完了します。また、それまで本社に集められた免税書類の内容は後日Excelに入力し管理していましたが、そのデータも『TenpoVisor』で瞬時に集計されるようになり、業務効率アップに貢献してくれています」と山本氏は語る。

残業時間の削減と的確な売上分析を実現

販売管理に要する多くの煩雑な作業の自動化によって、誤入力などのミスが減ったことは、店舗と本社の社員の残業時間縮減にもつながっているという。また、『ApaRevoII』に蓄積された販売データはさまざまな角度から抽出できるので、本社の社員や店舗のスタッフがそれぞれの立場で売り上げを分析できるようになったことも大きな導入成果だと田村氏は話す。

生産計画の合理化とデータへのアクセス環境向上を図る

ASP/SaaS型店舗本社管理システム『TenpoVisor』が、売上目標に対する達成率を1時間おきにグラフで通知

同社が今後の目標に掲げるのは、AIを活用した精度の高い生産計画を立てることだ。『ApaRevoII』には、数百品番分の販売データが日々蓄えられる。

「水着の売り上げには天候も大きく影響します。各店舗の売上推移に気象データを加味したビッグデータをAIで分析して、どの商品が翌月どの程度売れそうなのかを予測すれば、より的確な生産計画が立てられるようになると思います」(田村氏)

また山本氏は、今後の課題として『ApaRevoII』のデータへのアクセス環境向上を挙げる。

「現状ではイントラネットでしかアクセスできないため、営業社員が社外で販売データを確認したい場合は、本社に問い合わせるしかありません。社員がいつどこにいても『ApaRevoII』のデータを閲覧できる仕組みを構築すれば、さらに業務効率が高まるはずです」(山本氏)

その実現に向け、大塚商会はグループウェア活用を提案し導入を検討中だという。同社はこのように、多角的な取り組みで、SPA事業を根底から支える販売データの管理基盤を一層強固なものにしようとしている。

大塚商会担当者からのコメント

「最適なツールをご提供し、SPA事業をサポートします」

株式会社ミューラーン様は、POSレジと販売・在庫管理システムの活用により、多店舗のリアルタイムの売上データを可視化されました。さらなる業務効率アップに向けてしっかりとご支援します。

この事例を印刷、保存しますか?(無料)*内容は同じです

  • 印刷して上司への説明に
  • 印刷して稟議書に添付して
  • 印刷して会議資料に

整形ずみPDFを入手

株式会社ミューラーン 導入事例(PDF:2,816KB)

  • * 本事例中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞等は取材時点のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

大塚商会は、オフィスIT全般について、幅広く対応します

大塚商会は、お客様のビジネスチャンスの獲得やコスト削減・生産性向上・競争力強化といった課題や要望に対するソリューションをワンストップでご提供しています。
また、販売したコンピューター・サーバー・通信機器・複合機などのあらゆるオフィス機器、ネットワーク設備、ソフトウェアの保守サービスを、当社が行う「自営保守」の原則があります。そして、多くのスタッフや専用回線を持つたよれーるコンタクトセンター、全国に展開するサポート拠点、社内に数多く在籍する公的資格・メーカー認定資格者が、お客様を強力にサポートしています。

大塚商会の企業情報

大塚商会のサポートは、さまざまなメーカー・機器にも対応!

お客様のお手間を取らせず、一つの窓口でいつでも対応します。

導入後も支持される安心のアフターフォローとは?

オフィスのIT全般の導入について、お気軽にご相談ください。

最適なソフトを教えてほしい」「費用はいくらくらい?」などのご相談も承っておりますので、気になることはお気軽にご相談ください。

*メールでの連絡をご希望の方も、お問い合わせボタンをご利用ください。

ページID:00174985

ナビゲーションメニュー