まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

FMC(固定・携帯電話融合サービス)

固定電話と携帯電話の通信キャリアを統一することで通話の定額化、無料化により、大幅なコスト削減を実現するFMC(Fixed Mobile Convergence)。規模の大小を問わずビジネスフォンの導入経験豊富な大塚商会ならば、回線の診断からプランの設計まで安心してお任せいただけます。FMCによる通信コストの削減をお考えならば、お気軽にお問い合わせください。

固定電話と携帯電話を融合したFMCで通信コストを削減

FMCの導入メリット・注意点

FMC 三つの導入メリット

  1. 携帯電話・固定電話の通信費を大幅に削減できます。
  2. 交換機の入れ替えやレイアウト変更による機器・工事費の削減、またワークスペースの有効利用が可能です。
  3. 電話機を携帯電話1台に集約し、一つの内線番号で運用・管理することで、利便性が向上します。

注意点

FMCの導入効果を高めるためには、携帯電話・電話回線・固定電話機(ビジネスフォン)を多角的に考慮する必要があり、おのおのの設定を最適化することが大切です。大塚商会なら、導入から運用までお客様の利用状況に合わせてトータルでサポートします。お気軽にお問い合わせください。

大塚商会の強み

大塚商会では、マルチキャリア、マルチフィールド、トータルサポートの三つの特長で提案から導入、運用、設定変更や保守サポートまでワンストップでご提供します。

ポイント1マルチキャリア ~最適な通信キャリアのプランを提案~(ソフトバンク、KDDI)

各通信キャリアの提供する、豊富なサービスメニューの中から、お客様に合わせた最適なプランを提案します。

ポイント2マルチフィールド ~システム連携への対応~

ネットワークの構築、セキュリティ、社内システムとの連携も大塚商会へご相談ください。

ポイント3トータルサポート ~窓口を一本化~

ワンストップサポートの大塚商会なら、ご相談に対して窓口を一本化でき、お客様のお問い合わせの手間が省けます。

マルチキャリア・マルチフィールドの大塚商会がトータルサポート致します

通信キャリアは「ソフトバンク」「au」。ビジネスフォンは「NEC」「NTT東西」「OKI」から最適な組み合わせを提案します。

ソリューションの選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

FMCのサービスラインナップ

お客様の状況別 オススメのFMCサービス

事務所の電話から社員の携帯電話宛ての
通話が多い

ホワイトライン24

ホワイトライン24(おとくライン)のサービスがオススメです。

ビジネス通話定額

ビジネス通話定額(KDDI電話発信)のサービスがオススメです。

社員の携帯電話から事務所の電話宛ての
通話が多い

ホワイトライン24

ホワイトライン24(モバイル)のサービスがオススメです。

ビジネス通話定額

ビジネス通話定額(au発信)のサービスがオススメです。

事務所の電話と社員の携帯電話間相互で
通話が多い

ホワイトライン24

ビジネス通話定額

ビジネスコールダイレクト

W-VPN

携帯電話で取引先と通話することが多い

ホワイトライン24

ビジネス通話定額

「ホワイトワイン24」(モバイル)+「AXモバイルリンク」、または「ビジネス通話定額」(au発信)+「AXモバイルリンク」の組み合わせがオススメです。

AXモバイルリンク(AspireUX)

ビジネスフォンメーカーのFMC機能

通信キャリアが提供するFMCサービスとビジネスフォンの機能を組み合わせることで、通信コストの大幅な削減が可能です。

NEC「AXモバイルリンク」

ビジネスフォン「UNIVERGE Aspire UX」にあらかじめ携帯番号を内線として登録することで、携帯電話から取引先への電話も事務所の固定電話経由で割安に通話が可能です。携帯電話から取引先へ電話をかける機会が多いお客様にオススメです。

  • * 通信キャリアの通話定額プランに加入していることが条件です。

AXモバイルリンク(NEC通信コスト削減ソリューション)

FMC導入によるコスト削減イメージ(月額)

例) 営業・エンジニアに対し、携帯電話30台を会社支給、事務所と社員用携帯電話間の通話が多く、かつ携帯電話から取引先への通話も多いお客様の場合

詳細項目FMC利用前FMC導入後削減額
1. 事務所から社員用携帯電話7.2万円07.2万円
2. 社員用携帯電話から事務所3.6万円03.6万円
3. 社員用携帯電話から取引先18.0万円1.2万円16.8万円
4. 事務所の電話回線基本料2.1万円2.0万円0.1万円
5. 携帯電話基本料3.7万円3.7万円0
6. FMC利用料05.8万円-5.8万円
合計34.6万円12.7万円21.9万円

コスト削減イメージの算出条件

  • 事務所の電話回線契約:ISDN64 6回線
  • 社員の携帯電話:ソフトバンク【加入プラン:ホワイトプラン・インターネット接続基本料】
  • 事務所から社員用携帯電話の通話内訳: 1日30回、料金10円/15秒
  • 社員用携帯電話から事務所の通話内訳: 1日15回、料金20円/30秒
  • 社員用携帯電話から取引先の通話内訳: 1日75回、料金20円/30秒
  • FMCはホワイトライン24(おとくライン)1,000円+ホワイトライン24(モバイル)934円
  • すべて通話時間は3分間、1ヶ月を20日間で計算
  • * 上記は月額通信費用の削減イメージとなっております。機器の導入等や設定には別途ハード・ライセンス費用がかかる場合があります。
  • * 金額は税別です。

通信費2億円削減成功事例

大塚商会は社内の電話設備、回線、携帯端末など音声コミュニケーション環境のあり方を見直した新しいシステムを構築、運用を開始ことにより年間2億円におよぶ経費削減を実現。この削減方法について事例を交えて紹介します。

大塚商会 通信費2億円削減成功事例

通信コスト削減を無料で診断いたします。

現在の利用状況をお伺いすることで、コスト削減額や最適なプランをお調べします。 お問い合わせフォームの「通信コスト削減診断を希望する」の項目チェックを入れて、お申し込みください。専門の担当者よりご連絡いたします。

「通信コスト削減の無料診断を希望する」

まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

FMC(固定・携帯電話融合サービス) 導入事例

ナビゲーションメニュー