Apple製品の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

Apple製品お問い合わせ窓口

03-3514-7870(平日 9:00~17:30)

Apple TV(アップル ティーヴィー)

HDMI接続ができる電子黒板とApple TV(アップル ティーヴィー)を接続し、無線LAN環境下でAirPlay(エアプレイ)を使ってiPad(アイパッド)の画面をミラーリングをして授業ができます。

iOSデバイス(iPhone、iPad、iPod touch)にあるコンテンツを無線LANの環境下で、スクリーンや電子黒板に映し出し操作できます。例えば、プレゼンテーションや会議などプレゼンターはモニターやPCの前に立ち位置を縛られず思いのまま表現できます。

AirPlay(エアプレイ)

AirPlayとは、ネットワークを経由してiOSデバイスのコンテンツをほかの機器でストリーミング再生する機能です。AirPlayでミラーリングを利用するには、次の環境が必要です。

  • AirPlayはiOS 4.3以降を搭載したすべてのデバイスで利用できます。
    一部の機能には最新のソフトウェアが必要です。第2世代以降のApple TVが必要です。
  • AirPlayミラーリングはiPad 2以降、iPhone 4s、Mountain Lionを搭載したiMac(Mid 2011以降)、Mac mini(Mid 2011以降)、MacBook Air(Mid 2011以降)、MacBook Pro(Early 2011以降)で利用できます。
  • デュアルスクリーンはiPad 2以降およびiPhone 4sで利用できます。

Apple TV 仕様

製品名Apple TV 32GBApple TV 64GB
価格(税別)15,80020,800
サイズ(幅×高さ×奥行き)98×35×98mm
重量(注1)425g
プロセッサ64ビットアーキテクチャ搭載A8チップ
システム条件
  • iTunesでの購入およびレンタルとホームシェアリングにはiTunes Storeアカウントが必要
  • 802.11ワイヤレス、Ethernetネットワーク、またはブロードバンドインターネットアクセスが必要
  • ビデオのワイヤレスストリーミングには802.11a/b/g/n/acのいずれかが必要
  • www.apple.com/jp/legal/slaに記載されているソフトウェア使用許諾規約への同意が必要
  • HDMIケーブル(別売り)が必要
ポートとインターフェイス
  • HDMI 1.4(注2)
  • MIMO対応802.11ac Wi-Fi
  • 10/100BASE-T Ethernet
  • Bluetooth 4.0ワイヤレステクノロジー
  • IRレシーバ
  • USB-C(サービスおよびサポート用)
  • 内蔵電源
ビデオフォーマット
  • H.264ビデオ:最大1080p、毎秒60フレーム、ハイプロファイルまたはメインプロファイルレベル4.2以下
  • H.264ベースラインプロファイルレベル3.0以下(1チャンネルあたり最大160KbpsのAAC-LCオーディオ)、48kHz、.m4v、.mp4、.movファイルフォーマットのステレオオーディオ
  • MPEG-4ビデオ:最大2.5Mbps、640 x 480ピクセル、毎秒30フレーム、シンプルプロファイル(最大160KbpsのAAC-LC)、48kHz、.m4v、.mp4、.movファイルフォーマットのステレオオーディオ
オーディオフォーマットHE-AAC(V1)、AAC(16〜320Kbps)、保護されたAAC(iTunes Storeから購入)、MP3(16〜320Kbps)、MP3 VBR、Audible(フォーマット2、3、4)、Apple Lossless、AIFF、WAV、 Dolby Digital 5.1、Dolby Digital Plus 7.1
写真フォーマットJPEG、GIF、TIFF
互換性
  • Apple TVはHDMI搭載ハイビジョンテレビに対応(注2)
  • Siri RemoteはApple TV(第4世代)に対応
  • Remote LoopはSiri Remoteに対応
  • Apple TVはBluetoothキーボードに対応(注3)
同梱物Apple TV、Siri Remote、電源コード、マニュアル、Lightning - USBケーブル
  • (注1)重量はシステム構成と製造工程によって異なります。
  • (注2)保護されたコンテンツを再生するにはHDCPが必要です。
  • (注3)Magic KeyboardとApple Wireless Keyboard(2011)に対応します。キーボードのモデルを確認するには、https://support.apple.com/jp-ja/HT201806をご覧ください。

Apple(アップル)製品 導入事例をご紹介

ナビゲーションメニュー