まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

ユニファイドコミュニケーション(UC)

いつでも、どこでも、端末を問わず最適なコスト・手段でコミュニケーションを実現

ユニファイドコミュニケーションは連絡手段を統合することで情報共有を効率化するものです。大塚商会なら、製品の選択、通信インフラ環境の整備からサポートまで全てお任せいただけます。

連絡の無駄を減らす「ユニファイドコミュニケーション」とは

ユニファイドコミュニケーションは、「電話」「電子メール」「ビジネスチャット」「Web会議」「ビデオ会議」などの多様化するコミュニケーション手段を連絡先情報のデータをベースとして統合し、状況に応じて最適な手段を選択したり、複合して利用したりできるシステムです。

コミュニケーション手段を統合することにより、時間や距離を意識することなくスピーディーで質の高いコミュニケーションが可能になり、働き方、仕事の進め方全体を進化させることができます。

  • * ご利用いただける機能はサービスによって異なります。

ビジネスコミュニケーションの前提が変わる! 三つの導入メリット

メリット1連絡の無駄が減って、業務のスピードアップ

連絡する相手のプレゼンス(在席、不在などの状況)を確認し、メール、電話、チャット、Web会議などから最適な手段を選択して連絡することで、「連絡待ち」や「相手に意図が伝わらない」というようなコミュニケーションの無駄が減って、業務のスピードが速まります。

例えば、チャットによって無駄なメール待ちの時間が減ることや、離れた場所の相手とWeb会議を使って資料を共有しながら打ち合わせをすることなどが、効率化されたコミュニケーションの一例になります。

メリット2無駄な時間や経費の削減

「会議に参加するために出張する」ということはないでしょうか。

Web会議やテレビ会議を使えば、遠隔地からでも同じ場所にいるかのようにコミュニケーションをとることが可能です。これによって移動にかかる無駄な時間や経費を削減することができます。

また、テレビ会議は映像や音声の質が高いので重要な意思決定をする会議に向き、Web会議は簡単な打ち合わせや共同作業をする際に向いています。

メリット3働き方が変わる(フリーアドレス、在宅勤務、直行直帰型)

  • 携帯電話を内線番号で転送すること
  • どこからでもWeb会議を使って会議へ参加し、資料を共有しながらの打ち合わせ
  • チャットによる簡単な意思確認

などの機能によって、会社のデスクにいることを必須条件として仕事をする必要がなくなります。

「固定座席の廃止(フリーアドレス)」「在宅勤務」「直行直帰型」など、仕事をする場所の自由度が広がり新しいワークスタイルの実現やBCP対策にも役立ちます。

大塚商会がお勧めするユニファイドコミュニケーション製品

大塚商会なら導入からサポートまで、安心してお任せいただけます。

お客様に合わせて最適なインフラ環境をご提案

コミュニケーション手段を統合するため「サーバーを絡めた通信インフラ環境の構築」が必要になります。

何が最適か分からない、どうすれば良いか分からないといった方でも大塚商会にお任せください。数多くのコミュニケーション商材を取り扱い、実績も豊富な大塚商会が、お客様の状況に合わせた最適な環境をご提案します。

導入後のトラブルも電話一本ですぐに対応!

導入後のトラブルに対しても、大塚商会にご相談ください。「ネットワークのせいなのか、サーバーの不具合なのか、機器のせいなのか分からない」などの原因不明のトラブルもワンストップで対応、大塚商会が解決します。全国にサポート拠点を持ち、専門エンジニアが数多く在籍していますので迅速な解決に向けて充実したサポート体制を整えています。

ユニファイドコミュニケーション(UC) 導入事例をご紹介

各社それぞれの課題や状況に合わせて、ITの活用による解決方法をご提案しています。ユニファイドコミュニケーション(UC)を導入した事例をご紹介します。

ナビゲーションメニュー