まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

投資コストと運用コストを削減
VMware vSphere

VMware vSphereは、堅牢な仮想化プラットホームです。VMware vSphere の活用で、設備投資コストと運用コストを削減し、任意のOS、アプリケーション、およびハードウェアの選択が柔軟に行えるようになります。 情報システム部門は、常に最適なハードウェアを含むシステム環境構築が、適正な費用の元実行できます。

VMware vSphere 製品概要

リソースの共有でコスト削減

本番環境で多くの実績を持つ、堅牢で高性能な仮想化環境を提供します。サーバリソースを抽象化し、それらのリソースを複数の仮想マシンで共有できるようにします。このことにより、複数のサーバを集約し、ハードウェア、メンテナンスコストを削減します。

VMware vSphereの機能とコンポーネント

VMware ESX

VMware ESXは、ホストOSが不要で物理サーバ上でじかに稼動する、高パフォーマンスを持つ仮想PC環境を提供します。1台のサーバ上で、独立した仮想マシンを構築し、そのマシン上のシステムを複数同時稼動することで、ハードウェアの使用率を向上します。

VMotion

実行中の仮想マシンを、稼動中OSを停止させることなく、別の物理サーバに移動させる機能です。急激なサーバ負荷の増大時、この機能を利用することで、システム全体のパフォーマンス低下を最小限に抑えることができます。

急激なサーバ負荷の増大に対応しパフォーマンス低下を防止

DRS (Distributed Resource Scheduling)

ESXホストのリソース状況に応じて、自動的にVMotionによるゲストOSの移行を行い、処理の負荷分散を図る機能です。クライアントからの要求をチェックし、システムのビジー状況を特定のサーバに偏らないように調整します。負荷が高くなると自動的に新しい仮想マシンを起動する、といった処理も行います。

VMware HA (High Availability)

ハードウェアに障害が発生したとき、そこで稼働していた仮想マシンを、自動的にクラスタ内の別のVMware ESX Serverホストで再起動する機能です。

高い耐障害性を実現

VMware FT (Fault Tolerance)

2台のホストの上で仮想マシンに同じ動作をさせて、ホストの障害に備えます。ホットスタンバイシステムですので、障害発生時に、ダウンタイムおよびデータ損失なしで仮想マシンをフェイルオーバー可能です。障害発生時対策として、システムの冗長度を高め、止まらないシステムを実現します。

ホットスタンバイシステムでノンストップシステムを実現

Storage VMotion

一つのサーバ上にある仮想マシンを稼働させたまま、二つのストレージ間で移動させる技術です。ストレージの追加、メンテナンス時、システムを止めることなく、作業が行えます。

システムを止めることなくストレージ追加を実現

vStorageのシンプロビジョニング

仮想ディスクは、実際に使用分の物理スペースだけを消費(仮想マシンからは、フルロジカルディスクサイズが見える)します。この機能は、ストレージの使用率を高め、ストレージコストを削減します。

仮想ディスク技術で、物理的ストレージの増加を抑制

仮想化 導入事例をご紹介

ナビゲーションメニュー