Apple製品の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

Apple(アップル)ADEとは

Apple製品を大量に導入される際、デバイスに1台ずつ初期設定(キッティング)し、MDM(モバイルデバイス管理)とのひも付けを行うのは、骨の折れる作業です。これらの作業を簡略化し、Appleデバイスを素早く利用可能にするのが「ADE(Automated Device Enrollment)(旧称:DEP)」です。

ADEを利用するメリット

ADEをご利用いただくと、ネットに接続するだけで自動設定が始まるため、初期設定に費やしていた負荷を大幅に短縮することができます。

そのほか、ご購入いただいたデバイスの管理を強化することができます。ADEによってモバイルデバイス管理(MDM)の監視対象にすることで、企業向けの機能制限やアプリの自動インストールなどが利用できます。紛失モードの利用も可能となり、悪用や盗難などのリスクを軽減できます。

大塚商会はADEに対応しています

ADEを利用するには、対応販売店からご購入いただく必要があります。

大塚商会はiPad Wi-Fi製品、iPod touch、Mac本体を対象にADEに対応していますので、大量導入についてお気軽にご相談ください。

たよれーるDMS(デバイスマネジメントサービス)

各種Appleプログラムを利用しよう

ADEを利用するには、「Apple Business Manager(ABM)」または「Apple School Manager(ASM)」にご登録いただく必要があります。法人向けと教育機関向けという違いはありますが、サービスの内容はほぼ同じです。

利用できるサービス

ABMまたはASMを利用されると、組織内で利用されるApple製品を一元管理することができます。スマートな運用のためにご登録をお勧めします。

利用端末の登録

メンバーのアカウント情報の作成と管理

コンテンツ、アプリの購入・配布

Apple(アップル)製品 導入事例をご紹介

ナビゲーションメニュー