効率の悪い、手作業による受注・販売管理から脱却し、伝票類の発行もスムーズに

「事務担当者を増員することなく、受注・販売管理や伝票発行に要していた時間を短縮。業務生産性が大幅に向上し、短納期への対応力も強化できました」

有限会社隆林工業 導入事例

製造業1~100名ERP・基幹業務・業務管理営業・業務プロセス効率化コスト削減・売り上げ向上

有限会社隆林工業は、コンピューター部品をはじめとする多品目の精密板金加工を行っている。その受注・販売データはExcelで作成していたため一元管理することができず、手書きによる伝票発行にも多大な労力を費やしていたことから、基幹業務システムの導入に踏み切った。その結果、受注・販売データを確実かつ効率よく管理できるようになり、伝票発行の作業負担も大幅に軽減。業務生産性が向上したことで、納品までのリードタイムを縮減することに成功した。

2019年12月取材

有限会社隆林工業

導入先の概要

業種
機械精密板金加工
事業内容
シャシー・ブラケット・筐体(きょうたい)等の精密板金加工
従業員数
5名(2019年12月現在)
ホームページ
http://takabayashi-kogyo.com/

導入の狙い

  • 受注から販売までのプロセスを一元管理したい
  • 伝票発行の業務負担を減らしたい
  • 製造指示書の発行漏れを防ぎたい

解決策

  • 基幹業務システムの活用で管理業務の効率アップをサポート

導入したメリット

  • 受注・販売データに確実かつ瞬時にアクセスできるようになった
  • 製造指示書を自動発行することで製造担当者への指示漏れがなくなった
  • 1日かかっていた請求書発行業務が1時間に短縮された
  • 業務生産性の向上によって納品までのリードタイムが短縮された
  • 代表取締役 小林 隆也氏

    「受注から納品に至るプロセスを一元管理できるようになり、伝票類を発行する業務負担が大きく軽減したことに満足しています。複合機やビジネスフォンなどさまざまな機器を導入していますが、大塚商会さんはオフィスに関する多様なサービスをワンストップで提供してくれるのが魅力です。さらなる業務効率アップに向けたサポートをお願いします」

導入製品情報

製品カテゴリー製品名・型番お問い合わせ
基幹業務システムSMILE V 販売(SA版)お問い合わせ
統合脅威型
ソリューション
FortiGate 50Eお問い合わせ
ソリューション複合機お問い合わせ
ソリューションLED照明お問い合わせ
ソリューションPCお問い合わせ
ソリューションビジネスフォンお問い合わせ

この事例を印刷、保存しますか?(無料)*内容は同じです

整形ずみPDFを入手

有限会社隆林工業 導入事例(PDF:2,850KB)

導入事例詳細

高い技術力と柔軟な対応力を誇る精密板金加工のエキスパート

CAD/CAM、NCT、NCタッパー、NCベンダー、カシメ機、NCスタッド溶接機、スポット溶接機、アルゴン溶接機など、多様な工作機器を備え、幅広いサイズの機械精密板金加工に対応する

埼玉県三郷市にある有限会社隆林工業は、2002年に創業された精密板金加工を行う企業だ。コンピューター部品向けの薄板板金製品がメインだが、小さなブラケット類から大きなカバー・シャシー類まで、高度な技術であらゆるサイズの加工が可能で、試作品にも量産品にも柔軟に対応できる製造体制を整えている。

「IT機器やOA・FA機器、自動車用部品、重機部品、レーザー発振機筐体、船舶艤装(ぎそう)品、さらには学校向け実験機器/設備品など、幅広い分野のお客様からの多様な製造ニーズにお応えしています」と話すのは、代表取締役の小林 隆也氏。

製造業のグローバル化に伴い、機械部品の製造も海外で行われることが多くなったため、国内の精密加工業は縮小傾向にあるが、高精度・高品質の加工技術を持つ同社は安定した業績を保っている。また、取引先の環境ポリシーに対応し、環境に負荷を与える製品含有化学物質の不使用や管理を徹底しているのも同社の特長だ。

受注・販売管理の業務負担を軽減したい

高度な加工技術と安定した品質は得意先からの信頼が厚く、リピート品の製造を多く受注している

同社の受注品は1品目につき100個程度のロット数が多く、月当たり200品目ほどの加工品を製造している。これまでその受注・販売データは事務担当者がExcelに入力することで管理し、見積書や納品書、請求書などの伝票類は全て手書きで発行されていた。

「発行する伝票類は膨大な数に上るので、Excelデータを参照しながらの作成には時間がかかるだけではなく、請求額もいちいち電卓で計算していたため、計算違いや記入ミスが多発していました。受注後は得意先、品番、数量、納期などを記載した製造指示書を製造現場に速やかに渡す必要がありますが、それも手書きだったので手間がかかり、指示書の作成をうっかり忘れたために納期が遅れてしまうこともありました。2人いる事務担当者は経理業務のほかにCAD/CAMのプログラムも作成しており、受注から製造指示、納品、請求までの一連の管理を漏れなく、そして正確にできるようにすることで事務作業の負担を軽減することが、以前から当社の大きな課題となっていました」(小林氏)

課題解決に向けて最適なソリューションを選択

事務担当者を増員することなく、受注・販売管理業務の効率を高めることはできないか。そう考えた小林氏は、複合機やビジネスフォン、PCなどのオフィス機器で取り引きのあった大塚商会に相談。それを受けて営業担当者が提案したのが、基幹業務システム『SMILE V 販売』を導入して受注・販売の管理業務を適正化することだった。

「CAD/CAMやNC工作などのデータから必要な伝票を自動作成するシステムも存在しますが、その導入にはかなりの費用がかかるため、仕方なく事務担当者にExcelによる手作業での業務を強いていたのが実情です。『SMILE V 販売』なら容易に「脱Excel」を実現でき、しかも比較的低コストで導入できると知って魅力を感じました」と小林氏。

同社が受注する製品の大半はリピート品なので、品番やロット単価などをマスター登録してデータベースを作成すれば、さらに業務の省力化が進むことも期待された。

「大塚商会の担当者の方は、複合機などに不具合が起きるとすぐに駆け付けて対応してくれるので、今回の運用でも万全のフォローをしてくれるだろうという思いもあり、導入を決断しました」(小林氏)

受注・販売データを高効率に管理できる体制を構築

受注・販売データを『SMILE V 販売』に集約し、手書きで作成していた伝票をPDFで出力できる環境が構築された

『SMILE V 販売』導入とともに、主要な製品情報のマスター登録を行った。これによって確実なデータ管理が可能となり、業務効率の大幅アップを実現。例えば、得意先から送付される注文書に記載された単価は誤記されているケースも少なくないが、データベースと照合すれば、注文書の金額が正しいかどうかを瞬時に確認できる。以前は納品書の作成時にもExcelシートを開いて金額をチェックしていたが、マスターデータが整備されてからはその必要がなくなった。

「『Excel出力』ボタンを押せばシートに帳票情報が貼られた状態でExcelが起動するので、お客様ごとの受注履歴も簡単に一覧できるようになりました。リピート品はしばしば設計変更がなされるので製品名にリビジョンナンバーを付けて管理していますが、それをたどればいつどんな変更がされたかすぐに把握できるので、製造管理にも役立っています」(小林氏)

業務内容に即したユーザビリティーを追求

受注・販売管理をさらにスムーズにするため、同社は拡張項目機能や自由帳票機能を活用している。発行する請求書と納品書に受注ナンバーを自動反映するようにしたほか、Excelデータで管理している「受注残管理シート」を『SMILE V 販売』から出力できるようにした。

「多くの便利な機能をアレンジしてもらったことで、当社の販売・管理業務の内容にマッチした使い勝手になったことに満足しています」と小林氏は語る。

まる1日費やしていた請求書発行作業が1時間に短縮

得意先からの図面データや、協力会社からの見積書などの紙のドキュメントは、複合機に搭載された『Quickスキャン』で電子データにして保管している

Excelでの受注・販売管理にはデータ消失のリスクが伴うが、『SMILE V 販売』の導入後はその不安も解消された。また、そもそもの導入目的だった伝票発行に要する負担軽減についても、想定した以上の大きな成果を上げているという。

「事務担当者によると、以前はまる1日費やしていた毎月の請求書作成が、たった1時間程度で済むようになったとのことです。お客様によっては部署名が非常に長い場合もあり、手書きでの納品書の発行にも手間がかかっていましたが、その作業から解放されたことによる時間短縮効果は計り知れません。最近は短納期を求められる受注が増えていますが、伝票の手書き作成のようなアナログ作業を撤廃するだけでも、リードタイムを大幅に短縮できることを実感しました」(小林氏)

製造指示書については、得意先、品番、数量、納期など必要な項目を入力すると自動発行される設定にしたことで、製造担当者への指示漏れを完全に防げるようになったという。

豊富な機能を活用してさらなる業務生産性の向上を図りたい

データベースとしての活用や伝票類発行機能の利用だけでも十分な業務の省力を実現したが、今後は『SMILE V 販売』に備わる多彩な機能を積極的に使うことで、一層の生産効率アップを追求したいという。

「お客様から送付される図面や協力会社からの見積書などは分散管理していますが、そうしたドキュメント類を集約するとともに、将来的にはRPA機能を活用しての帳票類発行など、さらなる自動化にも取り組んでいきたいですね」(小林氏)

事務業務にはまだ負担軽減の余地があると考えている小林氏は、『SMILE V 販売』の運用に関し、引き続き多角的なアドバイスをしてほしいと大塚商会への期待の言葉を述べた。

大塚商会担当者からのコメント

「業務効率の向上につながる最新のITソリューションをご提案します」

有限会社隆林工業様は、販売管理システムの導入によって事務作業の負担軽減を実現しました。今後もお客様の課題解決に役立つソリューションをしっかりとご提案します。

この事例を印刷、保存しますか?(無料)*内容は同じです

  • 印刷して上司への説明に
  • 印刷して稟議書に添付して
  • 印刷して会議資料に

整形ずみPDFを入手

有限会社隆林工業 導入事例(PDF:2,850KB)

  • * 本事例中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞等は取材時点のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

大塚商会は、オフィスIT全般について、幅広く対応します

大塚商会は、お客様のビジネスチャンスの獲得やコスト削減・生産性向上・競争力強化といった課題や要望に対するソリューションをワンストップでご提供しています。
また、販売したコンピューター・サーバー・通信機器・複合機などのあらゆるオフィス機器、ネットワーク設備、ソフトウェアの保守サービスを、当社が行う「自営保守」の原則があります。そして、多くのスタッフや専用回線を持つたよれーるコンタクトセンター、全国に展開するサポート拠点、社内に数多く在籍する公的資格・メーカー認定資格者が、お客様を強力にサポートしています。

大塚商会の企業情報

大塚商会のサポートは、さまざまなメーカー・機器にも対応!

お客様のお手間を取らせず、一つの窓口でいつでも対応します。

導入後も支持される安心のアフターフォローとは?

オフィスのIT全般の導入について、お気軽にご相談ください。

最適なソフトを教えてほしい」「費用はいくらくらい?」などのご相談も承っておりますので、気になることはお気軽にご相談ください。

*メールでの連絡をご希望の方も、お問い合わせボタンをご利用ください。

ページID:00191763

ナビゲーションメニュー