まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

複合機・コピー機のリース

複合機・コピー機のリース契約をご検討中の方に、製品の購入と比べたリースで契約するメリットや、リースに関する大塚商会の保守サポートをご紹介します。

複合機・コピー機のリース契約とは

リース契約とは、企業が複合機・コピー機を購入するのではなく、企業が選定した複合機をリース会社が購入して、その企業に対して長期にわたり貸し出す契約を指します。似たような言葉に、レンタル契約がありますが、レンタルは既に所持している複合機・コピー機を貸し出すため、多くの場合が中古品で貸出期間も短期になります。

複合機・コピー機をリース契約するメリット

メリット1初期費用を抑えて導入できる
複合機・コピー機を新品で一括購入すると多額の初期費用がかかりますが、まとまった出費を抑えられることが一番のメリットでしょう。その分、総額でみるとリース料分は割高になってしまいますが、抑えた初期費用を会社の運用に回すことができます。
メリット2複合機・コピー機を契約期間に応じ最新のものにあわせて入れ替えがしやすい
複合機・コピー機などの機器は、常に新しい技術を取り入れた製品が開発されるため、導入した複合機の機能が将来的に陳腐化する可能性があります。リース契約で複合機を導入すれば、リース期間を設定することができ、常に最新の設備を使用することが可能になります。
メリット3保守もリース会社で締結できる
複合機・コピー機は、精密機械で修理が高額になる可能性があるため、保守契約を結ぶことになります。保守で最も一般的なのが、印刷した枚数に応じて毎月料金を支払うカウンター保守です。複合機・コピー機を購入した後に単独で保守契約を結ぶ必要がなく、契約条件に合わせてリース会社と交渉することも可能です。

大塚商会での複合機・コピー機のリースについて

大塚商会ではお客様の環境やご予算に合わせて、複数メーカーの中からフラットな立場で最適な製品を提案します。また、時間のかかる導入前の現状調査から製品選定、導入時のネットワークを含めた設定作業もお手伝いします。導入後もトラブル対応やトナーや紙などの消耗品のお届けまで、まとめて対応が可能です。

複合機・コピー機のリースに関連する記事

複合機・コピー機・プリンター 導入事例をご紹介

各社それぞれの課題や状況に合わせて、ITの活用による解決方法をご提案しています。複合機・コピー機・プリンターを導入した事例をご紹介します。

ナビゲーションメニュー