進化する複合機 ~MultiLink-Panel編~

複合機やコピー機はいまや情報端末に。鍵(かぎ)をにぎるのは操作パネル

複合機は単にコピーや印刷などの基本機能だけではなく、アプリを搭載した情報端末へと進化しています。この進化のウラには操作パネルの進化があります。どんな機能があるか見てみましょう。

誰(だれ)にでも、使いやすいをテーマに

複合機の機能が多様化し便利になると比例してメニュー数も多くなります。つまり、すぐに自分が使いたい機能を選択できるようにする必要があります。そこで最近の複合機の操作パネルにはいろいろな工夫がほどこされています。RICOH(リコー)のMultiLink-Panel(マルチリンクパネル)の例をご紹介します。

タブレットのように使える

少し前はハードキーだった複合機の操作パネルも、最近の機種のほとんどはタッチパネル式になっています。タブレットのように使えるので、直感的なインターフェイスで、ピンチイン、ピンチアウト、ドラッグなど、簡単に操作できます。

自分だけのメニューを作れる

MultiLink-Panel(マルチリンクパネル)はユーザー認証機能と組み合わせることで、利用者ごとによく使う機能をまとめたホーム画面を作成することができます。例えば、よくFAX(ファクス)を使う、特定の宛先(あてさき)にスキャンデータを送る、といったよく使う機能を出しておくことで、より快適に業務を行うことができます。

アプリケーションも使える

PC(パソコン)を使わずに複合機のフォルダーから文書を指定して印刷する、免許証などのIDカードの表面・裏面を読み取って集約印刷するなど、あったら便利な機能を提供するアプリケーションを使うことができます。操作パネル上からインターネット回線を通してのアプリケーションサイトへ直接アクセスし、インストールすることができます。

使いやすさから、快適なオフィス環境へ

いかがでしたか?今回は、MultiLink-Panelをご紹介しました。このほかにも、フルブラウザー機能を活用し、勤怠管理システムと連携することができます。これはPCの無いオフィスでも、リアルタイムに勤怠管理ができる、とても便利な使い方です。
オフィスの中心に複合機を考えたとき、もっと使いやすく、もっと便利になることで、快適なオフィス環境の一歩が始まります。その裏側には、操作パネルの進化があったのです。

検討してみませんか?
進化した複合機

操作パネルだけじゃない!最新の複合機

今の複合機は、使いやすさや便利さはもちろん、省エネ機能にも優れていたり、管理コストも削減できたりと、いろいろ進化しています。新しい複合機を見てみませんか?
大塚商会では、お客様のご要望にあった複合機やコピー機をご紹介しています。お気軽にご相談ください。

製品やソリューションに関するご相談、お見積りはこちらから。

最適な製品を教えてほしい」「 この機種の価格は?」「 費用はいくらくらい?」などのご相談も承っていますので、気になることはお気軽にご相談ください。

*メールでの連絡をご希望の方も、お問い合わせボタンをご利用ください。

ページID:00134278